死んだ目をして生きたくない

只今、19:20なり

現在、港区のタリーズにおります
久々に飲む本日のコーヒーが仄かに甘い

今日は朝からいい天気
まだ朝晩は空気が涼しい感じがする
th_写真 2015-07-13 5 01 17

th_写真 2015-07-22 19 15 19


写真は先日見た朝焼けとここから見える月
ビルの間から覗く月が少しだけ何かを訴えている気がした

表題の件は追記にします

朝、電車に乗りながら少し回りを見渡してみる
同じようなサラリーマン、OLばかり
でも、みんな眠たそうだ
(当たり前かもしれないけど)

けれど、どことなく違和感を感じた
別に朝からみょーにテンション高くなくてもいい

けれど、どことなく死んだような目をしている人が多いように見える
生きてるって何?
生き甲斐って何?

ただ、朝から働いて、夕方には終わる仕事
1日のうち、半分以上は過ごす場所なのに、行くことに楽しさを感じない

だからと言って、そんな生活をしたくないというわけではない
生活する上で働くことは必要なことだし、大切なことだ

でも、死んだような目をして過ごしたくないだけ
一年も半分は過ぎた
時間はあっという間に過ぎていく

一体、自分って何やってるんだろ?
ふと、そう思う瞬間がある
自分の得意なことや持てる知識、技能を発揮出来てない気がする

確かに新しいことにチャレンジし続けなければ意味がない仕事をしているし、周囲からもそれは求められてる
けれど、それは今までの自分を知っている周囲の人間から見た私であって、私が考えている私じゃない

自分という存在を形作るのは、自分自身であり、周囲から見た私でもある
両方があるから、私自身が形付けられてる

周囲に必要とされる自分であり続けないといけないわけじゃない
無理をしてまで、周囲に合わせる必要は無い
無理に活き活きとする必要も無い

自分自身が「これが私という存在なのだ」と定義しているからこそ、周囲にもそういう風に認められてきている

故意であろうとなかろうとそれは事実だ
新しいことよりも今はこれまでの自分で出来ていた部分を再認識することが、自分を取り戻す近道のような気がするんだ

最近の私は自分という存在を曖昧にしてきた気がする
「周囲に必要とされる私」を必要とする人間はどこにもいないだろう
そこには魅力なんて無いから

人と違うからこそ、魅力というものを感じるのだろう
私の中で他人との差が何なのか、きっと私自身は知っている
自分は何者なのか、今一度、考える必要があるのだろう

風がかなり強い
電車が止まらなければいいんだけれど。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください