普段、気がつかないこと

只今、16:15なり

まずは写真から
2015040916075258f.jpg

20150409160753144.jpg

20150409160753bf0.jpg


気がつけば、桜はもう散ってたな
写真は、桜の時期が終わり、新緑の時期に差し掛かろうとしてる木々

そして、やっと咲き始めたシャガの花
一年を通じて、一番、この花の色が何故か一番好き

この時期にインフルエンザに罹ってしまいました
おかげで一週間は外出禁止(^^;;

熱と頭痛が治まってきたので来週からは会社に行けそう
と言うか、行かないとね

少し追記にします。

数年、インフルエンザに罹ってなかったので、こんなにキツいものだとは思わなかった
周囲では結構流行ってたから、少しは注意してたけど、急に罹ってしまった
まさか自分がなるとは思ってなかったので、ちょっとショックだったのもある

始めは風邪か花粉症かなと思っていたのだけれど…
ある日、急に悪寒がして、病院で検査受けたら、インフルエンザになっていたという展開

まぁ、社内では結構、流行っていたから、ある意味、しょうがなかったのもかもしれない
一応、マスクはして気をつけていたのだけれどなー
まぁ、風邪引いてるくせして、マスクもせずにゴホゴホしてるおじさんいたし…ね

約一週間、寝込んでみて、色々なことに気がつかされる
私以外、誰もいない家でも意外と物音がするものなんだ
決して、オカルト的な意味ではなく(^^;;

一体、自分が何に支えられ、何を支えているのか、何となく、ぼんやりと感じることが出来た気がする
心の中でカミさん、子供に感謝はすれど、『そんなの当たり前でしょ!』っと返されるだけだから、今は言葉にするのは止めておこうと思う
自分の本意からの行動でないとしても。

そして熱と頭痛で酷い状態の中、少しは仕事から離れることが出来たのは幸い
忘れやすい私であるけれど、意外と仕事のことで頭が一杯だということにも気がつかされた

仕事を忘れる努力は必要なんだなということが何となくわかった気がする
正確にはわかったのではなく、思い出した気がする

仕事が好きなわけではなく、そこに自分の居場所があると勘違いしてることに気がつかされた
私がいなくても、仕事は進んでいる

停滞しているのかもしれないけど、そこに自分の姿を求めてはいけないのだろう
そこにあるのは、本来の私ではなく、会社員を演じてる私の姿なのだから
会社で働くのが仮の姿とは言わないけど、会社で働くことに依存してはいけないのだと再認識した



4月だというのに、結構、寒い日が続いている
寒暖の差が激しいから、体調管理だけは気をつけておこう

まずはインフルエンザをしっかりと治しておかないと
2週間後にはバレーボールの大会があるので、それに備えて元気になっておきたい
10年以上ぶりに会える人も同じ会場にいるようなので、それも楽しみの一つ
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください