モハメド ライブ報告(7/31)チェルシーホテル

只今、0:30也

現在、家におります
この記事を書き始めたのは自宅最寄りのタリーズなのだけれど、書ききりたいのでアップしておこう


この記事では先日、渋谷のチェルシーホテルで開催されたモハメドのライブ写真を載せておこうと思う
まずは写真から
th_m_DSC_5288.jpg
モハメド


th_d_DSC_4894.jpg
ドーナッツさん


th_d_DSC_5045.jpg
ドーナッツさん


th_s_DSC_4735.jpg
漱石さん


th_s_DSC_4878.jpg
漱石さん


th_w_DSC_4463.jpg
渉さん


th_w_DSC_5173.jpg
渉さん


th_r_DSC_4442.jpg
隆平さん


th_m_DSC_5073.jpg
モハメド


th_m_DSC_4618.jpg
モハメド



チェルシーホテルというと赤というイメージが私には強い
とてもアダルトな赤い色

そして最初から観客の数もとても多い
後ろを振り返るのが怖いくらい(苦笑

チェルシーホテルで踊り狂う彼らの姿を見るのは久しぶりだ
それにしても色々な色を見せてくれる

彼らは毎回、全力で歌い、踊る
ステージの時間いっぱい使って、動き回る彼らは本当に楽しそう

そしてかなりエネルギッシュ
しかもそれは強制されるようなものではなく、自然に共感出来る情熱がうまく表れている

見ていて、聴いていて、写真を撮っていてもいい感じ
彼らの感情がそのままステージに表れている感じがするのだ

4人が一体となったステージは本当に素晴らしい
情熱的なステージを見させて頂いた

そしてステージの演出を少しずつ何かを変えてくる
その瞬間を逃したくはないので、一人一人の表情を見ながら、全体を見ていると面白い

彼らとの会話も楽しみの一つ
モハメドとはどういうバンドなのかはCDを聴けばある程度はわかるだろう
でも、観に行ければ、もっと彼らの思いを知ることが出来る

観に行って良かった
そう思わせるだけの何かがそこにあるから

9月にはワンマンライブも決定している彼ら
近日のライブ予定は彼らのオフィシャルに載ってる
モハメド WEB
今なら、チェルシーホテルで開催されたライブの様子が動画で観れる

そこから少し情報をもらうと次の通り。
8/11 立川BABEL
8/14 渋谷 Milkyway
8月21日 広島 SLOW DOWN
8月23日 HEAVEN'S ROCKさいたま新都心 VJ-3

もし気になる人がいて、近くで観に行けそうなら、ぜひ観に行ってみて欲しいと思う

もう少し載せたい写真があるので、追記にします
まずは写真から
th_m_DSC_4452.jpg
モハメド


th_m_DSC_4524.jpg
モハメド


th_d_DSC_4409.jpg
ドーナッツさん


th_d_DSC_4410.jpg
ドーナッツさん


th_d_DSC_5154.jpg
ドーナッツさん


th_s_DSC_4490.jpg
漱石さん


th_s_DSC_4590.jpg
漱石さん


th_s_DSC_4731.jpg
漱石さん


th_s_DSC_4737.jpg
漱石さん


th_s_DSC_4866.jpg
漱石さん


th_w_DSC_4465.jpg
渉さん


th_w_DSC_4982.jpg
渉さん


th_w_DSC_5077.jpg
渉さん


th_w_DSC_5279.jpg
渉さん


th_m_DSC_4664.jpg
モハメド


th_m_DSC_4852.jpg
モハメド


th_m_DSC_5264.jpg
モハメド



毎回、観させてもらう度に思うこと
私が普段過ごしている日常では、彼らのように感情をありのままに表現する機会は少ない

大人になればなるほど感情は抑え、表情を隠すことを覚えてくるから
でも彼らのライブに行くと、生きる上で大切な感情というものを教えてもらえる気がする

芸術的な彼らのステージから
彼らとの会話の中から

それは傍目には、ほんの些細なことかもしれない
それでも生きる糧になりそうなものをもらえる気がするのだ
多少は背伸びをしたとしても、素のままで、決して媚びない彼らの姿勢には激しく共感する


私は好きで彼らを撮らせて頂いているけれど、彼らのファンの一人だ
そして、なるべく観客の目線で撮るように心がけてきたつもり

でも、隣で彼らを観ている人に時々申し訳ないなーと思う瞬間がある
観客にカメラを向けているつもりは無いけれど、意識させてしまっているのではないかと時々、心配になる
楽しみ方は千差万別なのだけれど、なるべく目立たないようにして撮るコツを身につけたいものだ

今回も他に写真を撮っている方がいて、とても参考になった
撮り方、狙い方、シャッターを切るポイント、瞬間

写真は2次元の世界だけれど、その中に写し出される世界は3次元のものだ
どういう構図なら彼らの世界をもっと鮮明に、そして迫力ある写真が撮れるのか、ヒントを頂いた気がした
機会があれば試してみたい


今回は揺れる中、意外と自分でもいいなと思う写真が何枚かは撮れたと思う
もちろん、これで満足してるつもりは無いけど(微笑

自分でも納得のいく写真は数枚かもしれないけれど、それでも、もっといいものが撮ってみたい
撮れるはずだ

何故ならモハメドという素材は磨けば磨くほど輝く原石のようなものだから
一人一人も光るものがあって、それがうまく調和の取れた世界がそこにあるから

また、観に行かせて頂こう!
関連記事
スポンサーサイト

theme : ライヴレポ・感想
genre : 音楽

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください