FC2ブログ

受け入れるか拒絶するかは自分次第

只今、16:45也

現在、自宅最寄りのタリーズにおります
本日のコーヒーが甘くて苦い

今日はこれからバレーボールの練習に行ってくる
この暑さの中、体育館はもっと暑い

ダイエットにちょうどいい!というのは冗談
ハンパなく暑い
でも、暑いからといって動かないとボールは落ちてしまうから(苦笑

まずは写真から



これは昨日、撮ったもの
今日の東京は曇りなので、あまりいい瞬間が見つからない

カメラは持ち歩いているけれど、撮りたいという瞬間が無い
まぁ、単に気がついていないだけかもしれないけれど。

表題の件は追記にします

昨日はモハメドのライブを観てきた
ツアーファイナルということで大いに盛り上がった

私は彼らのファンの一人だけれど、写真を撮らせて頂いている
彼らの演奏も大好きだが、一人一人の表情は絵になるから

普段の生活では見れない情熱を感じることが出来るから
ファインダー越しに見える彼らの表情はとても素敵に見える

「カメラマンですか?」と時々聞かれるけれど、巷でいうカメラマンとは自分では思ってないので、時々、答えに窮する(苦笑

昨日、声をかけてきてくれた方との会話で結構、目立っているのもわかった
自分ではなるべく、ひっそりと撮っているつもりだったけれど。

極力、周りにいる人の迷惑にならないように撮りたいと思っているのだけれど、もう少し考えないといけないな
撮り方、姿勢、アングル、構図

私は誰かに写真を習ったわけでは無いので、撮り方の方程式やルールはあまり知らない
知っておいたほうがもっと幅が広がるとは思うけれど。

ただ、プロでは無いので、ある程度までしかいけない
それを本職とする人には敵わないから

一つだけ確かなこと
それは自分が目にしたままをなるべく写し出したいという思いだけ
極力、周囲の迷惑にならずに彼らのありのままを写し出せるようになりたい

今の私が出来うる範囲で、自分の生活を維持したまま。
私の本職は普通の会社員なのだから。

彼らの次のライブは来週
それまでに昨日の写真はセレクトしてアップしよう

さて
少し話を変える(ここからが本題)

この間のカウンセリングでのセラピストとの会話
セラピストは言う「偉くなるには狡賢くなることも必要なのよ」

それは認識してる
人を蹴落としたり、計算高く振る舞うことも求められる場面はある

ただ、私は自分の欲を優先してまでそれをするだけの事は出来ない
でも、偉くなるにはそれをしなければいつまで経ってもこのままだ

このままでいいという思いはある
それは自分の考え方の話であって、ポジションの話じゃない
生きている期間が長ければそれだけ色々な経験をするわけで率先して物事を押し進めるときが増える

それだけリーダーとして動くことを求められる
ここでは「狡賢く生きる」という点に関してだけ述べる。

上にいる人の動き方から学ぶことは多い
それだけの機会を頂いているのだし、自分で経験してみれば、上の人も楽になる

それに結果的に組織としての生産性も上がることに繋がるから、機会があるならばやるべきだろう
それがどんなに困難なことだったとしても。

そう思っているから、なるべくイヤな顔をしないでこなそうという思いだけは持ってる
周囲の人間や後輩は「面倒くさい仕事ですね、そんなのやりたくないなー」という顔を浮かべているけれど。

面倒だし、やらない手もあるけれど、誰かがしなければならなくて、自分にそういう機会が巡ってきているのならば、やってみた方がいい

先人がどんなに大変だったかを知るためにも
そして私の後に続く人が同じ苦労をしないで済む方法があるならば、私なりの工夫で改善出来ればそれに越したことは無い。

ただし、狡賢く立ち回ることだけは難しい
自分の中の思いと表情に差があるとストレスになるから
自分に嘘をつくとそれだけ自分を傷つけてしまうから

でも、それをしないと何かを変えられる立場の人にはなれない
「何か常識が違う、おかしい!」と思うなら変える立場にならないと変えたくても変えられない
だからこそ、偉くなれとセラピストは言う
それは認識している

鬱病を経験してみて会社の中に溢れる偏見の目や差別は今でも感じてる
それを変えるには一般の担当レベルでは限りがある
周囲に認めてもらえるだけの地位にならないと発言も退けられてしまう


カウンセリングの最後で一つの方向性だけは見いだした
計算高く、他人を蹴落とし生きることは出来ない
それは私の信じる生き方では無いから
でも、捉え方を変えれば狡賢く生きることを受け入れることは出来るかもしれない

それを受け入れるか拒絶するか
鬱病を発症した頃の私は自分に対するハードルはかなり高かった
今ではずいぶん下がってると思う

どこまで下げるか、下げられるか
下げられるところまでは下げてみた

この先、下げるのはもう少し違う考え方が必要
時には自分の常識とは異なる違う次元で。
自分で認められないとこれまで思って来た事も取り入れる必要があるのだろう

その答えは誰かから教えてもらうものではなく、自分の中で見つける類だろう
今の私はそれを考えられるだけの元気はあると思うから

さて
もう少ししたら練習しに行って来よう
関連記事
スポンサーサイト



theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して9年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください