事実をねじ曲げずに受け止めることは簡単じゃない

只今、18:30也

現在、立川のドトールにおります
ドトールは席も通路も狭いので嫌いなのだけれど、ここは意外と通路は広い
けど、席はやはり狭いなー

まずは今日の風景です
th_DSC_1996.jpg
サギさん


th_P6095596.jpg


th_P6095599.jpg
五重塔


th_DSC_2013.jpg
紫陽花


th_DSC_2028.jpg
紫陽花


th_P6095604.jpg
紫陽花


th_P6095605.jpg
紫陽花


th_DSC_2044.jpg
紫陽花


th_P6095650.jpg
紫陽花


th_DSC_2049.jpg
紫陽花



今朝、起きたら5:30だった
もちろん陽は昇ってる
もっと早く起きないと私が好きな朝焼けの空は見れない

それでも意外と動ける感じだったので、散歩してきた
写真は散歩しながら撮ったもの

久しぶりに撮ることに集中していた気がする
ほんの一時間弱だけれど。

紫陽花の色が目に残る
この季節にだけ見れる色
夏に入る前の優しいひととき

あまり乗り気じゃなかったけれど、今日も少し仕事してきた
明日から取りかかっていては間に合わなそうな感じなので。

来週はどこかで休んでやろうと密かに企んでる
何をするかは決めてないけど(苦笑

少し追記にします

何だか大層なタイトルをつけてしまったものだ
毎回、記事を書いたあとにタイトルで悩む(苦笑


ここ最近の体調と精神的なテンションの高さはちょっと要注意かもしれない
休日は休むものだ
そう思っていても、仕事のことが少し気にかかる

どうも忘れてしまうことに恐れがある
書き留めていてもメモ程度なので、もう少し練る必要があるし…
と不安がっているうちはダメだなー

帰り道、空を見上げながらそんなことを考えていた
後輩君は会社を休みがちだけれど、出てくると仕事に関して何故か私に食ってかかる

「そんなに言うなら平日、会社に出てこい!」と言ってもいいのだろうか?
時々、言ってもいいのか不安になる

どこかでそんな風に考えてる私がいる
この考えは間違ってるだろうか?


会社員である以上、会社に出て来て仕事するのが定め
もちろん出社しなくても仕事出来るような仕組みがある会社もある
うちの会社は無いけどねー

でも、何かを言う以上、他の人と同じように会社に出てくるべきだと私は思う
「身体がついていかない」
「頭が痛い」
その気持ちはわかる

ただ、彼は状態を自分で認めてない
休まないと働けないのなら、しっかりと休んで治したほうがいい
その日にならないと休むのか出てくるのかわからないなんて正直言えば、振れる仕事が無い

「時々出て来て会社にいれば、それだけで給料もらえるなんて、給料泥棒だ」
周囲の健常者が時々言う言葉

年に何度かはそんな言葉を聞く
鬱病を経験してる私からしたら耳が痛いけど

以前、デキルタイプの後輩とそんなことを真面目に話したことがある
その時の言われた言葉は「新人でも無いのに会社に出て来て仕事するという当たり前のことを教えるのは納得がいかない」というものだった

過去の記事をふと読み直して、そういう会話をしたことがあったのに気づく
あの時のデキルタイプの後輩は今の私が感じているのと同じような思いをしていたんだな

鬱病で休職して復職してきた私
周囲の健常者からは順調に見えてるかもしれない

順風満帆に見えるかもしれない道のり
実際はそう簡単じゃない

でも、それを今まで乗り切って来た私だから言える事もあるだろう
健常者に対しても
精神的に辛いと言い続ける後輩君にも

「ラスカルっと私は違うんです!」
と後輩君からは言われそうだけれど。

でも、少なくとも会社員である以上、守らないといけないルールはある
後輩君はマトモに言われるのは辛いだろう
それでも指摘しないと私の不満が増大しそう

少し話題を変える
今日、写真を撮りながら感じてたこと

カメラのファインダーの向こうにある風景、情景は計算されたものではない
でも、それを美しいと感じてる自分がいる

そこにあるものはその瞬間にしか見えない世界
考えがブレるとかブレないとかそういう次元の話ではなく、見たままの世界

そう、考える必要もなくそこにあるだけ
それだけで十分

ここで話を戻す
相手のことを考え、思いやるという事は必要だけれど、事実は事実

他人のことも含めて、今の私は事実を逃げずに認めることは出来てるのだろうか?
物事をぼかすことも時には必要だけれど、曖昧にし過ぎてきたのではないだろうか?

「ラスカルっは自分に厳し過ぎる」
私をよく見てる子からは時々、そういう指摘が年に何度か出る
ありがたいことだけれど。

今の私は過去の経験の裏付けと今、置かれている状況を掴むことが必要なのだろう
過去の経験は自信につながる
今、置かれている状況の分析はその自信を元に進むべき方向が導きだされると思うから

自分を責めないこと
自分が問題と思っていることは実は大したことは無いのだから

事実は事実として
生きてきた年だけ、考え方も堅くなってくるから
柔軟に何でも受け入れることは難しい

そんなに簡単だったら、鬱病にはなってないやい(笑
でも、この堅さも私の個性の一つだな
この堅さがとれる時にまた違う世界が見れるような気がする


さて
また紫陽花を観に行ける日を楽しみにしておこう
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください