自分を変えられるのは自分自身だと思う

只今、19:35也

現在、四ッ谷のタリーズにおります
まずは今日の風景から

th_20120821_065138_Hagrid_Smoke.jpg
Morning


th_20120821_082528.jpg
Morning



今朝は起きれないかと思った(苦笑
でも、何とか起きて会社へと…

相変わらず午前中は頭の回転があがらない
それでも何とか凌いでた

今日は眠気が凄まじかったなー
それだけ疲れているというところだろうか

御昼休みに陽の光を浴びて、少しだけ元気になった
午後は意外とテンポよくこなせた気がする
まぁ、休み明けにしては上々だろう

表題の件は追記にします

私は鬱病で休職して復職した
復職したのは3年前になる
会社の中では「うまく軌道に乗れた人」の一人に数えられてる

周りを見渡すと鬱病の後輩が何人かいる
何とかその子達をうまく良い方向に持って行ってあげたいけれど、こればっかりはどうしようも無い
私は医者でも無ければカウンセラーでもない

「良いお手本でいてね」とはセラピストの言葉だけれど、鬱病を経験したからといって、救ってあげられないのも事実
どんな風に声をかけてあげればいいだろう
タイプも違えば、考え方も違う

私は自分の経験から学んだことを話すことは出来る
そんな経験から助言をすることも出来る

でも、相手がそこから何かを掴もうとするかどうかは相手次第
それを痛いほど思い知らされてる

「精神科、心療内科に行っている」という事実だけで「あまり仕事は与えないように」当たらず触らずという姿勢をする人達がいる
私はあまりそういうのは好きじゃない

鬱病だろうが健常者だろうが、何か出来ることはある
要は仕事の振り方、言葉の掛け方、仕事のやり方一つだと思ってる

だから私は病院に行っている後輩に対してもこれまでと同じように仕事はお願いしてる
もちろんなるべく考えないで済むような軽いものを選んでだけれど。

ここで言いたいのは仕事を与えないのがいけないというわけでは無い
問題だなーと思うのは「病院に行っている」というだけで腫れ物を扱うように急に態度を変える人達がいるということ。

話しかけるのを止めたり、無視したりする人達
自分には関係ないのだという姿勢をする人達がいるということ

精神的な病を患う人はなりたくてなったわけじゃない人が多いと思う
なった人にしかわからない世界だろう

だからと言って周囲の健常者に噛み付いたりするのも愚かなことだ
話したとしても同意は出来ないだろう

健常者と鬱病の中間にいるような存在
そんな感じがしてならない

それを鼻高々になってるわけじゃない
どちらの言い分も何となくわかるから私が本当に感じてることを言えない時が増えただけの話
これってストレスだよなー(苦笑

私は私自身の体調なり精神的なものをコントロールしようとすることは出来る
それは私自身が選択した道だから
自分を変えられるのは自分だけだと知っているから

胸を張って歩くことは出来るさ
何も悪いことをしてるわけじゃないから

ただ、私と同じように休職の瀬戸際にいる後輩や病院に通っているというだけで煙たがられている人を見ると思うことがある
私は確かに経験者だけれど、救いの手を差し伸べるのにも限界があるのだという事実
もどかしい…

目の前で倒れて行くような人を救えない事実は正直、苦しい
私自身が出来ることは何も無いのだろうか

どんなに知恵を絞っても出て来ない
理解ある人の知恵を借り、それを試してみても、当の本人がその気で無ければ、救えない
それも一つの割り切りなのは知っているけど…ね

「その子が倒れるのはラスカルっのせいじゃないよ」と言って欲しいためじゃない
鬱病を経験してみて、この道は険しいことを知った

一人でもこの道に行かないようにしてあげたい
それは心からの思い
端からみたら「休めるなんてラッキーじゃん♪」なんて言葉が出てくるのが正直、イヤだ

確かにこの病は元気が無くなってしまうから回復するには休むのが一番
でも、それが果たして本当に正しいことなのか私にはわからない

「休まないほうがいい」と言っているわけじゃない
休んだほうがいい人もいる

ただ、この世界を知ってしまうと世界が変わるということは伝えておきたい
今までの常識は通用しない

蔑みの目
好奇の目
否定的な意見
批判、非難
そんなマイナスなイメージの中に一度は身を置くことになる

復職を果たし、会社の中で軌道に乗っている人と会話すると共通の感じを受ける
上に書いたようなマイナスなものはどうでもいい
所詮、それは他人から見た意見でしか無い

自分が何をどう感じるのか
ただそれだけに尽きる

今の自分はどこにいるのか
居場所が無くても構わない
私はここにいるのだから

そう感じている人が多い気がする
言葉で言ってしまえば、それは割り切りに近い感じかな

強い弱いは関係ない
「それでもいいじゃん?何が悪いの?」
そう思っている人は意外と軌道に乗ってきている気がする

思ってなくても声に出してみる
それだけでも少しは変わると思う

ただ、それをこれからその道に行ってしまおうとしている人に対して話しても理解出来ないこともわかる
暗闇の中を進むようなものだ
その暗闇に何かが潜んでいるようなイメージを与えてしまうような気がしてならない

伝えたいことが伝わらない
そのもどかしさに少し苦しんでる

っとここまで書いてみて少しだけ気が晴れた…かな
所詮、私が出来るのもここまで
私には私の役割、人生がある

それを放棄してまですることじゃない
あとは専門家に任せよう
関係ないとは言わないけど、所詮、私には見守ることしか出来ないのだから

明日も起きれるといいんだけどー
早くこの風邪も少しは良くなって欲しい
まぁ、焦らない焦らない

慌てずに
焦らずに
諦めない

それはこの病を通じて知りえたこと
また明日は明日の空があるから
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください