自分の身は自分で守りたい

只今、20:40也

現在、自宅最寄りのタリーズにおります
本日のコーヒーは少しだけ甘い

今日の東京も曇り
なので、今日の写真は無し

自分が撮ってきた写真は時々見返しているのだけれど、また撮りたい絵が見つかったので、既出だけれど載せておこう

th_DSC_6690_20120308203009.jpg
朝日の中のモノレール



きっとまたいつかこんな風景が撮れる日がくる
今は難しいと思うけれど

何だかかなり疲れてる
いや
憑かれてるといったほうが適切かもしれないなー

今日は大事なカウンセリングの日
「少し痩せた?」
セラピストの言葉でふと気がつかされる

痩せたというよりも頬が少しこけているように見えるのだろう
先週から今週にかけて、とてもバタバタしている
仕事量が増えたのもあるけれど、慌ただしい毎日

「あなたはどう感じてる?」
最近のカウンセリングでよく問われる言葉
それは仕事に対してのことであったり、家族に対してのことだったりする

その都度、自分がどう感じているかを心の中から思い浮かんだ言葉で話すようにしてる
素のままの自分を話せる相手は限られている
特に会社の中ではね

復職する前に思い浮かんでいた言葉
私はあの戦場に復帰するんだな…

私は戦争を知らない世代なので、迂闊に使う言葉では無いとは思う
けれど、仕事のストレスでうつ病になった私にとって、この会社は戦場と言える場所

その質が最近、変わってきたように感じている
そして、うつ病になる前の状態に近づいている気がする

「それはマズいわね」っというセラピストの言葉が意味するのと少し意味合いが違うのだけれど…ね
少し長くなるので、詳しくは追記にします

昨日は23時くらいには横になっていたのだけれど、寝付けない
最後に時計を見たのは今日の2時くらいだ

さすがにヤバいと思ったので、眠剤を追加
でも、気がついたら9時だった(焦

会社を出たら仕事のことをあっさりと忘れることが出来るか?と問われればそれはNOだ
復職した当時は忘れることのほうが多かった
忘れることに対する恐れのほうが強かった

今は会社を一歩出ても、忘れることが出来ない
何か他のことをしていても、ふと仕事のことが思い浮かんでしまう

いい意味では覚えておきたいという気持ちの表れ
でも、一方では圧迫された感じに近いものがあるような気がする
ホントは今日、したかったこと、やらなければならないことが出来なかったという思いがあるからだ

今日出来なかったことは明日やればいい
とは思う

そうは思っても中々出来ないのが少し悔しい
出来なかったことで私の評価が決まってしまうような感覚がどこかにあるからだ
まぁ、私が所属する部署特有の空気があるからかもしれない

「怒られるようなことはしちゃいけない」みたいな空気が漂っている
如何に隠すか、ごまかすか
誰にそれをなすりつけるか

そんなことに注力しようという空気が漂っているのが怖い
いつしかそんな空気に慣れ始めてる私もイヤだな
そんな環境はしょうがないものなのだと慣れ始めてるような気がする

息苦しいと感じながら仕事をするのは苦痛だ
苦しみながら仕事をするのは楽しくない

それにそれを良しとするのは、うつ病を経験した私の本意じゃない
そんなことをぼんやりと考えてる私がいる

今の時期はしょうがないのだろうか?
これは時が経てば解決してくれる類じゃないと思う

立ち向かうのは中々難しい
立ち向かうのではなく、それを自分の中で許容し、狡賢く立ち回るだけの図太さが欲しい



少し話が変わる
セラピスト:「ラスカルっは自分がキツい状況であることを伝えてる?」
ラスカルっ:「はい、それはキツいと言ってます。ただ、それがどこまで受け止めてくれているかはわかりません」

見た目は至って普通
気力が無く、肩を落としてしょんぼりしているわけじゃない

逆に目は鋭く光ってる気がする
私的にはホントにいっぱいいっぱいなのだけれど…ね
周囲の人間にはそんな私は「頑張ってるんだね、もっと出来るよね」的な見方をされている

この疲れは一気にきたものじゃない
徐々に蓄積されてきたもの

気をつけないとそれが急に私に押し寄せてくる
そしてもし私が倒れたら周囲の人間は言うだろう
「やっぱりアイツはまだムリなんだね、使えない奴だ」

そう言われるのが怖い?
うん、少しは怖いな
でも以前ほど怖くはない

ここで言いたいことはそういうことじゃない
逆にそういう状態になるまで自分が気づいていなかったというほうが怖い
自分の身は自分で守るしかない

そんな状態になるまで自分を追いつめちゃいけないな
うつ病を経験しているのだから

周囲の人ほど体力は無い
ここでいう体力とは身体的な意味ではなく精神的な意味も含めての話

「指図されるがままの職人にならないようにしなさい」
「再発しないように気をつけなさい」
セラピストから最近言われる言葉の一つ

それは認識してるつもり
自分で自分の歯止めはしないといけないな
頑張ろうと思えば頑張れてしまうのだから

もう少しだけ冷静になろう
どういう風にすればいいのかはわからないけど

もう少しだけ客観的に自分を見る視点を持とうと思う
そして自分の状態をもう少し相手に正確に伝える表現力を身につけていきたい
それは自分の身を守ることもそうだけれど、結果として周囲を助けることにも繋がると信じてるから
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください