I think that...

只今、20:00也

現在、四ッ谷のタリーズにおります
今日の東京は雨

なので昨日の朝の写真
th_DSC_1799_20120214195234.jpg
Morning


th_DSC_1790.jpg
Morning


th_DSC_1743.jpg
Morning


th_DSC_1766_20120214195231.jpg
Morning


th_DSC_1772.jpg
Morning


th_DSC_1787.jpg
Morning



昨日の朝はまだ少し晴れていたなー
日曜日の夜は早めに寝ているせいか、月曜の朝は早く起きれる気がする

まだそんなにムリしてはいけないと主治医やセラピストから言われてはいるけれど…
どうも仕事がそんな事を許してはくれないみたいです(泣

結構、今週はシンドイ
何をどう考えていいのやら…という類が何故か多いなー
まー、とりあえず動くしかないな

そう思っていても迷いはある
わからないものはわからないんだい!

そんな中、色々考えていた私は追記にします

総務部門の方と少し雑談
うつ病や精神的な病で倒れる人が多いと嘆いていたので、話を聞いてみた

もちろん休職する人もいるのだけれど、復職してからの勤務態度はあまり良くない人が多いらしい
朝、遅刻してくる人
就業時間だけは席にいるけれど、仕事はあまりしない人

何故、毎日のように遅刻してくるのかを尋ねてみると「起きれないから」という人が多いらしい
確かにこの病はシンドイ

身体の調子を崩しやすいのは私も経験しているからわかる
けれど、健常者からみたら、それは「甘えだ」という一言ですまされる

その事に憤りは感じてない
まぁ、そう観られてもしょうがないと私が感じているせいもある

私が不思議に思うのは復職して軌道に乗れない人が「病のせいだから」とみんな一様に言っていると聞いた時だ
朝起きれないのは病のせいなんだろうか?
仕事が思うように出来ないのは病のせいなんだろうか?

私はそうは思わない
病のせいにしてしまうのは、結局は自分に跳ね返ってくる
簡単に言えばそれは自分への評価もそうだし、周囲の仕事も思うように進まなくなってしまう要因の一つだと思う

自分が少しでも良くなれば、周囲が振ってくる仕事の量は増えるだろうけれど、その分、周囲の負担も減るはずだ
だから自分が周囲に貢献することも出来るし、それは自分への評価アップにも繋がると私は考えている

病であろうとなかろうと仕事のスピードに大きな影響は無いのではないかと思う
もちろん、それは定時間の間、会社に居られることが前提の話

就業時間に席に居られないくらい調子が悪いのであれば、やはりまだ復職するべきではないのだろう
もちろんそれは私にも言えることだ

復職して2年半は経過しているけれど、いつまた調子を崩すかは私にもわからない
ここ最近の仕事の振られ方はちょっとシンドイと思ってる

だからいつまた酷い状態になるか自分でも警戒はしてる
「アイツは仕事が出来ない奴だ」と指をさされないようにするためではない
もちろんそんな風に言われたくはないとも思うし、そんな仕事の仕方をするつもりも毛頭ない

自分が何か周囲に貢献出来るのであれば、それでいい
その中から自分が何かを掴んでいければ、それでいい

私はそう思ってる


「ラスカルっさんは前向きなんですよ、理想的な回復をされてますよね」
雑談していた総務の方が言っていた
うつ病になった多くの人と接してきた総務の方から言われるとみょーに説得力があって困る…(苦笑

私にとって前も後ろも関係ないのだけれど、そこは励ましの言葉として受け止めておいた
私の周囲の人間は、うつ病とかの話をするのを嫌がる傾向が強い
それは健常者であろうと無かろうと。

うつ病に観られていない私がうつ病の話をすると周囲の人間は「アイツはうつ病だからダメなんだ」的な目で観る
その視線は正直言ってしょうがない
絶やすことの出来ないものの一つ

でもね
私はそういう経験をしてきたのだから言ってもいいでしょう?

別にうつ病だから手加減してくれなんて言った事は無いさ
自分がどれだけやれば倒れてしまうのか、それは自分でも注意を払っていること

人は何かをするのには限界があるのだということを周囲に知って欲しいだけなんだ
一度、倒れて失ってしまった体力を回復するのは中々難しいのだということを知って欲しい
そして私のように倒れる人間が少しでも減ってくれることを祈ってるだけの話


それを理解してもらえる人間は周囲ではかなり少ない
うつ病に対する偏見はそうは簡単には少なくならないものだ
だから私は私の目線でものを言わせてもらおう

うつ病になることが負けだと思い込んでいる周囲の人間
人生の全てを失ってしまうかのような偏見を抱いている人
周囲ではそんな人が多い


うつ病になることは決して負けでも勝ちでもない
失敗でも成功でも無い


病になろうが生きていることには変わらないのだから
どんな状況であろうとも何をそこから学ぶか

私はうつ病になることで失ったと思うこともあるし、得たものもあると思ってる
失ったものの大きさに気持ちが折れそうな時もある
けれど、得たものの大きさを時には感じて明日も生きようと感じることもある

そして得たものを活かした方が自分にとって生きやすいと私は感じてる
それをどう活かすかはこれから考える

徐々に頭の回転が上がってきていると感じているから、それは多分、出来るだろう
焦らずに決して諦めないこと

日々の生活で何かの区切りは必要
でもそれはゴールじゃない

自分で決めた区切りまで行けたとき、達成感があるから次に進める
達成出来なかったと思っても、少しでも進んだと思えれば必ず次がある

達成出来ない悔しさで嘆く日々が続くならば、そのハードルを少し下げよう
自分が困難な状況に置かれていてもそれは忘れてはいけない
これはセラピストが教えてくれたことの一つ

さて…
明日は晴れるだろうか
今週は何とか乗り切りたいものだな
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください