自分のハードルを下げること

只今、18:40也

現在、四ッ谷のタリーズにおります
本日のコーヒーが甘い

まずは追加の風景です
th_R0034807.jpg
紅葉


th_R0034808.jpg
紅葉


th_R0034810.jpg
紅葉


th_R0034814.jpg
紅葉


th_R0034818.jpg
紅葉


th_R0034828.jpg
紅葉


th_R0034835.jpg
紅葉


th_R0034839.jpg
紅葉


th_R0034840.jpg
紅葉


th_R0034841.jpg
紅葉


th_R0034847.jpg
紅葉


th_R0034850.jpg
紅葉



少しずつ視点を変え、位置を変え、紅葉をゆっくりと観て来た
観る位置が変わると意外と見えなかったものも見えてくる

どれが一番?と聞かれても困るけど(苦笑

今日は大事な診察日
「調子はどうですか?」
っと優しげな微笑みで問いかけてくる主治医

私が自分を飾らなくて済む数少ないひととき
なるべく、主治医との会話を楽しむつもりでいつも診察に行ってる


いつも診察室に入る前に「前回からどんな風に体調が変化してきたか」は振り返ってる
体重はあまり変わってないな
何故なら、毎週、バレーボールをしてるから体重が変化したら、よくわかる(笑

気持ちの持ちようは少し変わった
(こういう書き方は好きじゃないけど、適当な言葉が見当たらない)

幸い、パワハラな部長様とは最近、関わり合いは無い
まぁ、いつ「オイコラ!」っと呼ばれてもおかしくない立ち位置にいるのだけれど...ね

でも、先日、それも自分自身の口で語れたから、少し気が楽になったのは事実だ
陰口ではなく、私自身が体験した事実だけを語ったのだから

「それは良かったですね」
こういうフォローは主治医は見事だなぁと思う
その行為に関してどうこう言うのではなく、私自身がどう感じているかを察知してくれている気がする

ただ、最近の傾向としては、睡眠に入るまでの時間は短くなったけれど、悪夢をよく見る
苦しくなって起きる


「ラスカルっさんは大丈夫よ」
そう、微笑む主治医

にゃはは...
健常者と肩を並べるくらいまで心臓に毛が生えてるわけじゃないけれど、私は私なりに強かな生き方を模索し続けてる気がする

3分くらいの診察だけれど、ハイ、イイエとか単調な言葉のやり取りでは無い
そして、飾った言葉だけのやり取りはしない

私が何かを話す時は主治医はしっかりと私の目を見ているから、よくわかる

そういう部分は主治医はセラピストと同じだな
信頼出来る人の一人

楽しかった
そんな私は追記にします

主治医やセラピスト相手に隠すことは何も無い
この生きにくい世の中ではそういう場所、相手が私には必要だと思うから


うつ病が酷かった時期はこの病状が不安でたまらなかった

身近にそれを相談出来る相手はいなかったからね

カミサンはそういう事を毛嫌いしてるように見える


健常者相手に「わかって欲しい」とは思わない
「知って欲しい」とは思うけど

何を語っても主治医やセラピストは私の嘘を見抜くから
それに飾らない方が自分のためになると感じてるから


ふと、自分を振り返る
うつ病になる前のように自分を追い込む事は少なくなったと思う
言葉を言い換えるならば、自分に対して、少し優しくなってきてると思う

優しくすることは悪いことじゃない
それを少しは認めることは出来るようにはなってきてる気がする

自分のすること全てを肯定するつもりも無いけれど...
それでも、自分や周囲に対して敏感になりすぎることは少なくなったのは事実だ

まだまだ死ぬつもりは無いけれど、自分の身を削って生きることは少なくなったと思う

時々、迷走してしまうけれど...
完璧を求めてしまうけれど...

自分に対するハードルを少し下げる事は必要
それはうつ病にならなかったら、理解出来なかった考えの一つ

うつ病にならなかったら、どこまでもハードルを上げ続け、越えられない壁になっていただろう

そして、越えられないものを越えようと足掻いて、もがいて、生きることを止めてしまったかもしれない

達成出来なければいけない
出来なければ、出来るまでやるんだ!
的な考えは周囲の健常者は「当たり前」の事として捉えられているから

以前の私もそうだったのだろう
詳しくは覚えてないのだけれど...ね

達成出来なくてもいいじゃない?
それが今、出来なくてもいいじゃない?

自分を追いつめていたあの頃、病に理解のある先輩からそんな事を言われた気がする
その頃は正直、よくわからなかった
逆にその?に反抗してたナー(苦笑

今でこそ、思う
まだまだ人生は長いのだから
そう思い始めてからは、少しゆったりとした気持ちを保っていたのだけれどなー


でも、酷い状態から元気になるに従って、ハードルを自ら上げようとしていたのは認める(苦笑

ハードルを上げることも大切だけれど、そのハードルの位置を時には上げ、時には下げるように自分でコントロールすることはもっと大切なことだと思う

多分、私のこれからの人生で必要な事柄の一つ

そんな風に思う
明日は晴れるならば、何とか朝散歩がしたい!(微笑
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

No title

紅葉素敵ですね☆彡色とりどりの風景もさることながら
赤一色というのは初めて見ました☆彡☆彡

主治医と良い関係を持てるのは良いですね( ´∀`)
マリーさんは、患者さんが異常に多い病院なのでゆっくり話が…出来ません(涙

港のマリーさんへ

こめ、さんくーっす♪

写真を楽しんで頂けたようで良かったです!

お医者さんと中々、ゆっくりと話す機会が無いのもこの病特有なのかもしれませんね
何にせよ、のんびりと過ごせる時間が増えるといいですね

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください