FC2ブログ

モハメド ライブ報告(10/12)渋谷CRAWL & Cloudy sky

只今、17:50也

現在、ベローチェにおります
まずは先日、渋谷CRAWLで開催されたモハメドのライブ写真から

th_m_DSC_5185.jpg
モハメド


th_m_DSC_5195.jpg
モハメド


th_m_DSC_5508.jpg
モハメド


th_m_DSC_5510.jpg
モハメド


th_m_DSC_5598.jpg
モハメド


th_d_DSC_5348.jpg
ドーナッツさん


th_d_DSC_5349.jpg
ドーナッツさん


th_d_DSC_5470.jpg
ドーナッツさん


th_s_DSC_5260.jpg
漱石さん


th_s_DSC_5295.jpg
漱石さん


th_s_DSC_5298.jpg
漱石さん


th_s_DSC_5737.jpg
漱石さん


th_w_DSC_5129.jpg
ワタルさん


th_w_DSC_5237.jpg
ワタルさん


th_w_DSC_5244.jpg
ワタルさん


th_r_DSC_5387.jpg
隆平さん


th_m_DSC_5600.jpg
モハメド


th_m_DSC_5605.jpg
モハメド


th_m_DSC_5611.jpg
モハメド


th_m_DSC_5750.jpg
モハメド



店内の雰囲気は下北沢屋根裏と似てる気がした
こじんまりとしたステージ

でも、彼らのライブはステージの広さは関係ない
その日は最初のバンドさんから聴いていた
モハメドの演奏が始まるとその場の温度が一度上がった気がした


圧倒的な迫力で始まる演奏
ありったけの情熱を込めて、観客に訴えかける
そんな感じがした

そして3rdアルバムからどことなくアダルティーな感じがしてる
大人のパーティ的な感じ

そのノリは悪くない
イケてる感じ
身体が自然とのれる感じ

感情をそのまま表現することの楽しさ、嬉しさ
聴いていても写真を撮っていても楽しい
いつもながら楽しい時間を過ごせた


ドーナッツさんのダンスはストップモーションのようで見ていてカッコいい
漱石さんが時折入れるダンスのその一瞬を何とか捉えたい
ワタルさんの動きには中々ついていけない(苦笑
隆平さんは少し遠いけれど、叫んだり、メンバーと目をあわせるその一瞬を何とか捉えたいなぁ

撮った写真を後で見ると大半がブレてる...
私もまだまだだな(苦笑

でも、モハメドは4人が4人ともそれぞれの個性を活かして全体的にうまくまとまっている感じがする
そんなにたくさん色々なバンドさんを見ているわけじゃないけど...

それでも彼らが見せるステージは芸術的だと思う
また彼らのステージを見に、曲を聴きに、写真を撮りに来たい
毎回そう思わせてくれる彼らに感謝

さて
曇り空のような私は追記にします

さて...
相変わらず風邪なラスカルっです(苦笑

今日は病院行ってきた
薬をもらったおかげで安心したのかもしれない
少しだけ体調は良い

市販薬は何故か効かない
病院でもらう薬のほうが何故かよく効く

初めから行っておけば良かった...と後悔しているわけじゃない
今は今で自分なりに正しい選択をしたと思っているから

明日から来週にかけて多分、忙しくなる
それが何となくわかっているから今日は思い切って休んだ

まぁ、あまり休みすぎると「アイツは使えない奴だから、適当な仕事させておけ」的な命令が下るので、要注意だな
人の揚げ足を取ったり、他人を貶めることに関しては長けている連中が多いから

気をつけよう

今日撮った写真を何枚か...
th_R0034634.jpg
サギさん


th_R0034640.jpg
サギさん


th_R0034642.jpg
紅葉まであと少し


th_R0034643.jpg
五重塔



紅葉までもう少し
それが何となく感じられた

少しだけ寒い
風邪気味な私にはあまり良くないな(苦笑

ここ最近、思うことがある
私の周囲にいるリアルな人間はどう思うだろう?

こうして記事を書いている私の中に今でも「死にたい」と思う私が居るということを
うつ病になってみて「死」というものが意外と身近にあることを知った

誰かから「死んではダメ」と言われても、死に対する私の気持ちは変わらない
「死にたい」というのは「生きたい」ということの裏返し
その逆もまた然り

全ては危ういバランスの上に成り立っている
こういう時の自分こそ一番危ういのだというのも何となくわかってる
(あ、今すぐ死にたいというわけじゃない)

ただ、元気になったときが一番危うい
行動出来るだけのエネルギーがあるのだからね

会社でお世話になった方が昨年、急に亡くなったことがある
誰もがえっ?っと思った

けれど一年経ってみて、それを覚えている人はどれだけ居ただろう?
話題にさえ出てこない

出たとしても「あぁ、そんな人いたね」とか「そうだっけ」的な感じ
結局、人は他人に対してそれほど注意を払っているわけじゃない
部内で誰かがうつ病で倒れたとしても真剣に考えるような人は居ないだろう

もし私が居なくなったら、周囲の人間はどう感じるだろう
カミサンは私に対して怒るだろう

それは別に構わない
ただ、カミサン自身の生き方を振り返ることは無いだろう

会社の人間も似たようなものか...
まぁ、それもまたしょうがないこと
自分の人生は自分しか負えないのだから

少しだけ?気分は堕ちているけれど、底辺にいるわけじゃない
空はずっと曇っているわけじゃないから

平凡な日々だけれど、少しでも何かを感じられる時間を増やしたい
ただそう思う
関連記事
スポンサーサイト



theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

わかる

なんだか死にたくなってるときがありますよ
うつよりひどい双極性障害
つまり躁うつ病なんですってわたしが

最近病院の診断書で知りました
一生薬漬けです

でも死にたい行動はないですね
止める薬があるんでしょうか?

でもぼちぼち生きていくのって難しいですね

しまねこさんへ

こめ、さんくす♪

死にたい衝動を止める薬は無いような気がします
気分を鈍らせるというか安定剤はあると思うのですが
何にせよ、何かでその死にたい衝動を別な方向に向かわせることが出来ればいいですね

ほーんとぼちぼちと生きていくのって難しいですね
のほほーんと生きてみたいものです(^^;

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して9年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください