FC2ブログ

記憶の無い世界

只今、18:30也

現在、どこかのタリーズ
久しぶりに飲む本日のコーヒーは甘い感じ
今日は果てしなく疲れている

その疲れがどことなく和らぐ感じがする
だからタリーズは好きだなぁ

さて、まずは今日の風景です
th_DSC_3067.jpg
Morning


th_DSC_3070.jpg
Morning


th_DSC_3073.jpg
Morning


th_DSC_3075.jpg
Morning


th_R0034550.jpg
Morning


th_R0034552.jpg
Morning


th_R0034553.jpg
Morning



写真は今朝のもの
昨日の台風はどこへやら...
朝は気がつけば、爽やかな朝日が昇ってた

でも、夕方になってまた雨が降ってきた
風も少し強い

昨日の惨状が脳裏に蘇る
早く帰るべきか...

でも、電車は多分、遅れてまた混んでいるだろう
そう思って休憩することにした
(まぁ、単なるワガママですな(^^;)

でも、やはりどこかおかしい
朝の記憶があまり無い
この写真を撮っていた記憶もどこか遠くにある感じ


そんな私は追記にします

今朝のことは本当に覚えていない
でも、カミサンからかなり強烈に叱咤された記憶がある
多分、かなりボンヤリしている私を見て、業を煮やしたのだろう


確か「今日、一日なんだから頑張りなさいよ!!」っと大声で言われた気がする
でもね...
昨日は帰りが遅かったこともあって、眠剤がまだまだ効いている状態の私に何を言ってもムダなんだよ?(苦笑

本当に覚えてないもの

でも、かなり強烈にガミガミと言われた感じがする

多分、身近にいて健常者と全く変わらない態度の私を見ているカミサンからしたら、もどかしかったのだろう
「しっかりしなさいよ!」的なことを言われても、ボンヤリしてたからなぁ


子供が生まれる前だったら、「まったくもう!」で済んだかもしれない
けれど、日常、子供の世話をしているカミサンからしたら、子供がもう一人増えているようなもの
特にボンヤリしている状態の私はそう見えるのだろう

でもね
どうしようもないんだもの

これは私の主観だけれど...
うつ病は治らない

ただ、決して悲観的に言ってるわけではない
これは治す病ではなく、生き方を見つめ直し、それを受け入れる類のものだと思うから

病である限りは薬を飲むなり、健常者とは違う生活がある

眠れないのも一つある
昨日は帰りが遅かったのに中々眠れなかった


ここ最近は中々眠れない
眠れるかなぁと思っても、ボンヤリしつつ、眠れないので頭がイタくなってしまう
眠剤が強制的に眠らせようとしているのに、身体が反抗している...みたいな

いつまでこの生活が続くのか?

うつ病であることを受け入れてからは、この生活がいつまで続くのかということに関して悲観的になることは少ない

健常者と同じように過ごせるように工夫をすればいいだけの話
ちょっと休憩を多く取ることも一つ
あまりたくさんの仕事を受け入れないように自制することも一つ

多分、ちょっとした工夫で健常者の中でも何とかやっていける
それは認識してる

うちの部署は病気であろうとなかろうとお構いなしに仕事を無理矢理振られるけどね
都合のいいときだけ「ラスカルっはまだうつ病だからなぁ、手加減してやろう」的なことを言われる
それはそう言っている人の自己満足に過ぎない

私からしたらそう見える
だって、そう言う人の表情が全てを物語っているから
うつ病になってから他人の表情を読むのが鋭くなったなぁ(笑
勘ぐり過ぎ?(苦笑


でもまぁ、それでもいいんだ
結局、人は何かを誰かのせいにしておきたいものなんだ

自分の判断で他人の生き方をアレコレと指図するようなことは抵抗があるのだろう
パワハラな部長様にもそれは言える

うつ病の人間は使えない
仕事が出来ないなら追いつめて、辞めさせてしまえ


っと話していたという信じられないような噂があちらこちらから聞こえる
私が直接聞いたわけじゃないから本当かどうかはわからない
でも、そう言っていたとしてもおかしくないような人に見える


私はそんなところに居る
どこの会社も似たような風景が繰り広げられているだろう
悲しいけど...

でも、社会にはそんな醜い面があるのも事実だ
この現実から逃げるつもりは無いさ
私は自分で体験したことはハッキリと言える


うつ病を経験したことの無い周囲の人間が「うつ病は甘えだ」と豪語する

不思議だね
滑稽だね
経験したことの無い世界のことを言えるなんて、どれだけ想像力が豊かなんだ?


私にはそう見える
その世界を知ってるからと言って、偉いわけでも凄いわけでもない

知らないほうがいい世界もある
ただ、その世界を知らない人が「自分は何でも知っているんだゼ!」的な発言をしているのが醜く見えるだけ

私がそういう風に見ているのも、周囲の健常者は薄々気づいているみたいだけれどね
それは私の本意じゃないんだけれどなぁ

同じ世界を体験して欲しくないだけ
ただそれだけなんだけどなぁ

悲しいことに不思議なもので歪曲して捉えられてしまう
まぁ、私の言い方がおかしいのか
受け取るほうがそれだけ歪んでいるのか
またはそのどちらもあるのか

そんな現実がある
そしてこの中で生きていくのも、私の役割でもあるのだろう
うつ病を経験したことのある人間として。


それにうつ病を経験していることを恥だなんて思っちゃいない
自分の生き方を変えるチャンスが訪れたというだけの話さ
一回きりの人生なら、色んなことを経験するほうが豊かな人生を送れる気がする


そして健常者と精神的な病の人間の境なんて、あって無いようなもの

境は時々、感じるけれど、明確には多分、無い
うつ病は誰もがなり得る可能性を秘めているのだから

境があっても無くてもいい
同じ時代を生きている人間としてお互いを認められれば、もう少し生きやすくなると思うのだけれど...ね

まぁ、少なくとも私の目が届く範囲内では生きやすくしたいな
自分のためにも
うつ病を知らない周囲の健常者のためにも


さて...
雨は止んだだろうか
明日は散歩が出来るといいな
関連記事
スポンサーサイト



theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して9年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください