人は傷つけたくて言葉を発するわけじゃない

只今、17:30也

現在、家におります
まずは追加の風景です
th_DSC_2959.jpg
Morning


th_DSC_2976.jpg
Morning


th_DSC_2985.jpg
Morning


th_DSC_3001_20110919172707.jpg
Morning


th_DSC_3026.jpg
Morning


th_DSC_3042.jpg
Morning


th_DSC_3052.jpg
Morning


th_DSC_3059.jpg
Morning


th_DSC_3057.jpg
Morning


th_DSC_3062.jpg
Morning


th_DSC_3065.jpg
Morning



心に突き刺さる言葉
本心からの言葉とは思いたくはない
それを正直に捉えすぎてもいけない

けれど、時として単なる言葉も傷つくのだな
そんな私は追記にします

「食っちゃ寝していいご身分だよね」
吐き捨てるような台詞
聞こえないくらい小さな声で聞こえるように吐き捨てる

カミサンのそんな言葉が心に突き刺さる
よほど気に障っているのか、かなりご機嫌ナナメ

身近な人間であろうと、うつ病であることを意識は出来ないものなんだな
まぁ、私はどこから見ても鬱病には見えにくいかもしれないけれど

でも、正直、傷ついたなぁ
確かに休日はそんな生活が多いかもしれない

けれど、確かに体力が足りないのも事実だ
それをカミサンに話したところで、それを理解は出来ないだろう

鬱病になる前と変わらずにバレーボールもしているのだから
もちろん、バレーボールをしていることは鬱病になる前と後では私の中で捉え方が変わってきている
それは誰にも話してはいない

これはうつ病をいう病を経験した人にしか、わかりにくい感情だと思うから
今のカミサンにそれを説明しても、火に油を注ぐだけだから、説明する気もない

心に刺さる言葉を聞いた後は異様に心が寒い
私が居なくなってもいいんじゃね?的な感情が芽生える
まったく困ったもんだ

カミサンは私を傷つけようとしてそんな言葉を話したわけではないだろう
自分の感情を素直に言っただけなのだろう
それで私が傷つくか傷つかないかは知ったことではない

そういう性格ならうつ病にはなりにくいだろうなぁと思う
私がそうなりたいとは思わないけどね

むしろ、自分の何気ない言葉で誰かを傷つけやしないかと言葉には慎重になってしまう
まぁ、心配になりすぎるのも、良くないな

今はこの傷ついたという感情を埋める工夫が必要
それにはまず時間かな
それと昇華するだけの心の余裕と置き場所
人って難しいね
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

幸せの10段階法則です。

自分が変われば→相手が変わる
相手が変われば→心が変わる
心が変われば→言葉が変わる
言葉が変われば→態度が変わる
態度が変われば→習慣が変わる
習慣が変われば→運が変わる
運が変われば→人生が変わる

自分を変えるために一つの事をし続けました。
「おはよう」「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」の4っつの言葉を言い続けました。(言いたい言いたくないの別なく)

今、妻とは言葉のドッチボール(相手に投げつけるだけ)ではなく
キャッチボールをしています。

No title

私は傷ついたことがあります。

家族は理解者ではない、という事は全く変わっていません。

その代わりに見つけてしまった私の感情を出せる主治医以外の人を。
そして月日を重ねる度に変わっていった人。
私の感情を受け取れない、と言った健常者。

そして私は失いました。
自分を。
騙し騙し生きていることへとなりました。

ブログもそうです。
私に負の感情を書かせなくした健常者。

私は偽者のばっちゃんになる事になりました。

ちょっと目頭が熱くなってきたのでやめますね。
書きさしですみません。

No title

正直な感想で傷つけられた(傷つけた)ことは私もあります。

私の場合は父が多いですが、

「紫苑はただメシくって寝てるだけだ」
「何にもしてない」
「(病気になったばっかりの頃)元気出せよ!」

流石に「元気出せよ!」と背中を叩いたのは母がフォローしてくれましたが(苦笑)

↑の3つの言葉が一番傷つきましたよ。

デイケア行ったときに車の中で言われたんですが、デイケア着いてみんなの前でどばーと泣きました。

でも父は帰りにはけろっとしていて、何もなかったかのように言うので、「ああ、人の気持ちを蔑ろにする人なんだな」って思いました。

そして、私に告白してきた人も泣いてる私を励まそうとせずおどおどしてるだけで、好きな女が泣いてるのに何もしようともしないその人を見て振って良かったと思いました。

最近男性不信に陥りそうです。

ラスカルっさんは別ですけどね。私の周りにもラスカルっさんみたいな人が居ればいいのに。

ばっちゃんへ

こめ、さんくす♪

時として言葉は本当に暴力だなぁと思います
でも、被害者になることはあっても加害者にならないようにしたいなぁと思います

誰かにとっての偽善者でも私からしたら、ばっちゃんそのものは変わらないですよん

時に嘘をつくのも必要
でも、自分の本心を言える場をどこかに持つことでプラスマイナスゼロなんでしょうね
ブログはきっと一つの手段

私もここでは本心しか書いてません
ばっちゃんもまたどこかに違う場を持てると思いますよん
今はそういう気にならなくとも、徐々にそういう事も考えられるといいですね

私はここに居ます
私で良ければ、いつでも連絡くださいね

お話を聞くくらいは出来ます
人に話をすることで昇華出来ることもきっとあると私は信じているので(^_^)

紫苑さんへ

こめ、さんくーっす♪

そうなんですよね
言った人にしたら「大したことない」ことでも言われた側はショックな言葉ってたくさんあるんですよね
私もここ最近は凹むことが多いです
ただ、一つだけ思うことがあります

言った人を見極めること
醜い言葉を言う人はそれくらいの品格しか無い人なんだろう
私自身がそういう人にならないようにすれば、それでいいや
それを指摘したとしても、それを受け入れられない人だと思うから
時々、そう思います

傷つくのはしょうがない
人って傷つきやすい生き物だと思うから
それが擦り傷で済むか深い傷になるかはどう受け止めて生きるかかなぁ...と

私もこの先、このままの状態で生きるとは限らないけれど、自分が傷つきやすいポイントだけはしっかりと押さえて、その傷を自ら深くしないように気をつけようと思ってます

>私の周りにもラスカルっさんみたいな人が居ればいいのに。
マジで嬉しいです♪

紫苑さんのように思いやりのある方が居ると私もこんなに毎日、凹まなくても済むのになぁ
機会があれば、いつかお話しましょう(^_^)

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください