良い意味で鈍感になること

只今、18:50也

現在、会社最寄りのベローチェ

まずは今日の風景です
th_R0034523.jpg
川原


th_R0034525.jpg
Pink


th_R0034526.jpg
Orange


th_R0034527.jpg
White


th_R0034528.jpg
White


th_R0034529.jpg
Orange


th_R0034530.jpg
水車



何だか今日は二度寝をしてしまったようだ
おかしいなぁ、そんなつもりは無かったのだけれど...

でも、意外と慌ててない私(^^;
こらこらっと自分でも思う


けれども自覚の無いことはしょうがない
っという変な割り切りもある
まぁ、昨日は遅かったからなぁ

とりあえず...ケセラセラ

今日は大事な診察日でした
詳しくは追記にします
今日から診察時間を少し変えてもらった
少し遅い時間

おかげで日中は仕事をすることに没頭してた
いや
正確には答えの無い問題の解を見つけるためにアレコレと考え、唸っていた
もちろん、未だに答えは見つかっていないけれど...ね


主治医  :「どうですか?」
ラスカルっ:「堕ちてはいないですね、気落ちもしてないと思います。少し凹んでますけど(苦笑」
っと何ともわかりにくい言葉で気持ちを伝えた

私が今、探しているのは解が無いものだということを例えを交えながら話すと「それは大変よねぇ」っと同意してくださった

単に答えを見つけるだけなら苦にはならないさ
一番の問題はパワハラな部長様が納得のいく答えがあるかないか

この部長様はコロコロと意見が変わる
そして、私が今までに得た解の中で納得してもらえそうな答えは無い
だから、90%以上の確率で怒られる(苦笑

この部長様、他人に当たり散らすことが使命だと言わんばかりに怒る
決して「よくやった」とは言わない

おかげで部内で他人を褒める発言をする人は皆無だ
他人を素直に褒められないから、自分も褒める人はいない
言葉では「オレってすごーい!」っと自負しながらも、どこかそれは自分に言い聞かせているだけの言葉に聞こえる

そういう言葉を聞いてると、如何にも「オレ様」的な発言に聞こえるから空しい
他人を認められないのなら、自分を認められなくなるだろうと私は思う
だからうつ病で倒れる人も減らない
そんな気がしてならない

部長様に怒られるのは確かに怖い
心の底から怖い

それは私のうつの要因の一つでもあるからね
でも、以前ほどでは無いなぁと自分でも思う

主治医  :「だいぶストレス耐性がついてきたように見えるわよ?」
少しイジワルそうな微笑みを浮かべながら話す主治医
ラスカルっ:「いやいや、単に鈍感になってきたんじゃないかと...(苦笑」
主治医  :「良い意味で鈍感になってきたということかな?(微笑」
なるほどねぇ
良い意味で鈍感か
当たってるかも
今日一番の言葉だ(笑

そうだな
鈍感になろう
今までが敏感過ぎたんだ

周囲の健常者は言う
「部長やお偉いさんと話す時は色々なケースを考慮しながら常に考えながら話さなきゃいけないんだ!」
「何を言われても、その場で結論を言わないといけないんだ!」

そうかなぁ

わからんことはわからん!っと言って何が悪いんだ?
不思議な事にそれを誰に聞いても私が納得いく答えは出てこない


単に部長様から怒られることがイヤなだけで誰しも思っていることなんじゃないだろか?
確かに話を円滑に進ませるにはアレコレと考えながら話すことも必要だと思う

けれど、自分がわからないこと、知らないことを知っているかのように話すことは私には出来ない
そんな人間になりたいとは思わない
良いものを作りたいなら、知らないということを知るということが大事だと私は思う


まぁ周囲に居る魑魅魍魎から言わせると「知らないという言葉は思っても言っちゃいけないんです!」
そうかなぁ...
自分が知らないということを恥と思っているだけなんじゃないだろか?

私は知らないことが多い
忘れていることも多い

復職した当時にしていたことも忘れてる
ぼんやりとは覚えているけれど...ね
詳細は忘れた(笑

でも、それを恥とは思わない
それを言葉に出すことに躊躇いは無いさ

だって本当のことなんだもの
嘘を言うよりはマシさ
これは私の主観的な意見だけれど...ね

とある先輩から言われた
「昨日の打ち合わせ、お前の笑い声とAさんの話し声が妙に聞こえたなぁ」

にゃはは...
笑いたいから笑ってるんです

でも、可笑しいのは私の「笑い声が聞こえた」という件
自分で思ってるよりも笑い声が出せるんだぁという気づき
そしてそのフロアではそうやって笑って打ち合わせる人はあまり居ないのだという気づき


でも、変えるつもりは無いよ
私は私だから(微笑


偉くなるには時には嘘が必要なんだ!
っとは周囲の魑魅魍魎の言葉

そうかいそうかい
でも、私はそんな生き方をするつもりは無いよ
そんなんで偉くなったって、つまらない

どうせ一度きりしかない人生なのだから、自分の信じる道をいきたい
もちろん、自分の中で基準は持ってるけれどね

単にそれが醜いか美しいかだけの違い
「自分の感性を大切にね」
っというのはセラピストから言われた言葉


その基準だけは自分の中で持っている
これは直感に近いもの
言葉では言い表せないなぁ

でも、それは誰しも持っているものだと私は思う
そして今の私はそれでいいんだと思う
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください