FC2ブログ

健常者との隔たり

只今、18:40也...

現在、会社最寄りのベローチェにおります
まずは追加の風景です

th_DSC_0978.jpg
The Bridge


th_DSC_0994.jpg
サギさん


th_DSC_0997.jpg
Sunrise


th_DSC_0998.jpg
Sunrise


th_DSC_1002.jpg
Sunrise


th_DSC_1004_20110829182526.jpg
Sunrise


th_DSC_1006.jpg
Sunrise


th_DSC_1007.jpg
Sunrise


th_DSC_1008_20110829182524.jpg
Sunrise


th_DSC_1013.jpg
Morning


th_DSC_1018.jpg
にゃんこ


th_DSC_1019.jpg
にゃーん


th_DSC_1032_20110829182654.jpg
にゃっ


th_DSC_1047.jpg


th_DSC_1055.jpg
一滴



今朝の朝散歩は意外と楽しかった
陽が昇る時間が遅くなってきたせいか、まだ出てこないナーっと思いながら散歩してた
帰り着く前に陽が昇る瞬間が観れて良かった


オレンジ色に輝く太陽は観ていて、時間を忘れさせてくれる
自分がどんなにキツい状況であったとしても、変わらない景色

それは実感出来る
どこか現実離れしているかのような風景についつい見惚れてしまう

そんな中、今日も意外とキツかったなー
何とか一日を過ごすことが出来たけど

ちょっとキツかったなーと感じている私は追記にします

健常者と精神的な病を抱えた者の間にある壁みたいなもの
それは存在しないかもしれないけれど、確かに感じる


また一人、復職してきた子がいる
私が直接、関わっているわけではないけれど、その子の担当になった子がちょっと扱いがわからんというので、ヘルプしてる

仕事の進め方というよりは、その二人の緩衝剤みたいな役目
私からしたら、復職してきた子のほうが頭の回転が速いように見えるのは気のせいか(苦笑

唐突な何気ない質問をするその子
その質問に答えられない子

うーん
教える立場と教えられる立場が逆転してるゾ?
まぁ、それはそれでいいのだけれど...ね

でも、この二人を観ていて感じたこと
理解しあうことの難しさ
それは私の周囲の健常者と私との間にあるものと等しい


今日、デキル後輩と話していて感じたこと
それは「仕事をさせる」という考え方の違い

確かに先輩は後輩に対して何かを教えるという機会が多い
でも、「コイツにどうやって仕事をさせようかということしか念頭に無い」と言い切る後輩に少し醜さを感じた


「倒れようが倒れまいが、正直、私には関係ないんです」っと言い切る後輩
そんな発言に醜さを感じ、寂しさを感じた

確かに人によって出来ることと出来ないことはあるさ
それを埋めるのが、コミュニケーションなんだろう

でも、それはお互いがお互いを理解しようとしない限り、苦痛になる気がする
どこまで理解しあおうとするかは微妙だけれど...

「所詮は他人なんですから...」
デキル後輩や精神的な病に偏見が強い人は当たり前のようにそう口にする

でもさ...
同じ時代に生きて、同じ会社に居て、同じ仕事をしているのにそれはちょっと醜いなぁと思う

ただ...
社内でこういったマジトークが出来る相手は限られるのも事実


実際、そういう会話をしていると周りの人間は訝しげに観ているのも知ってる
それでも、私は構わないと思う

ビジネスマンである前に一人の人間でありたい
他人を観るのは自分を観ているのと等しいことなのだと思う
自分が他人の偏見を許せないと思うなら、私は他人を偏見の目で観てはいけない

そう思う

「コイツは何度言ったらわかるんだ!」的な後輩が居るのも事実
そういう後輩は部内ではあまり相手にされない

ただ、その本人もあまり行動に反映してないのも事実
要は懲りてないとしか見えない(苦笑

どんな相手でも、どれだけ相手の身になれるかが鍵なのだろう
その指摘を受け入れられるか、受け入れられないかは相手次第
多分、それは私が物事を受け入れられるか、受け入れられないかの考えに等しいような気がする


それでも思う
デキナイ私でも出来る限りのことをしてやろう
それは自分が生きている間しか出来ないことなのだから
せっかく生きているのだから、自分の思ったことをして、言いたいことは言いたい!

っと思う

明日の朝も散歩が出来るといいなぁ
そしてまた、朝焼けの綺麗な風景を観たい

関連記事
スポンサーサイト



theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

No title

休職している人が多いんですね。その分、ラスカルっ さんの福祉的な仕事が増えるのでしょうね。
大変そう。(^_^;)
本当かどうかはわかりませんが、
若い子(特に新卒者)はプライベート重視の子が多い。
みたいな記事がgoogleニュースにありました。
そういう人は、「人」という字の意味をしてほしいと思います。
一人じゃ仕事はできないということに気づいてほしいですよね。
それを教えていくのも先輩なのですけど・・・。
難しいところですよね。
ラスカルっ さん、前向きでいいですね!

わたぽんさんへ

コメ、さんくす♪

返信遅くなりすみません
多分、うつ病を経験したせいか、人を道具としてみる風潮に「それはおかしい」と素直に思えるようになってきたのかなぁと思ってます
それが多分、行動に出るので、周囲も何かを感じてくれているような気がします

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して9年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください