知らないことを知らないと言ったらイケナイの?

只今、19:30也...

現在、立川のベローチェにおります
レンタル借りていたので、返しにきました

まずは今日の風景です
th_DSC_0853.jpg
ひまわり


th_DSC_0871.jpg
Sunrise


th_DSC_0885.jpg
Sunrise


th_DSC_0890.jpg
Sunrise


th_DSC_0873.jpg
一滴


th_DSC_0910.jpg
Green


th_DSC_0856.jpg
にゃんこ


th_DSC_0868.jpg
じぃーっ


th_DSC_0915.jpg
ニャンコ


th_DSC_0916.jpg
ぷいっ


th_DSC_0922.jpg
ねむねむ



今朝は5時半起き
行けるかなぁと思っていたけれど、何とか無理矢理散歩してきた(笑


朝日が昇るその瞬間は観られなかったけれど、想像以上に綺麗な光景が広がっていた
まぁ、散歩しながら思うのだけれど...
こんなに写真撮っているのは、周りにいない(苦笑

でも、いいのです
好きで撮っているから♫


まだMACでうまく写真のリサイズがうまくいかないなぁ
縦長の写真は大きくて、横長の写真は小さくなってしまう

もう少し色々探ってみるのがいいのだろう
それもまた楽しみ

さて...
表題の件は追記にします

個性的な面々が集まっている、うちの部署
基本的に「困った!」と声を上げれば、助けあおうという姿勢がある人もいれば、無い人もいる
もちろん相談の仕方にもよるし、相談する側の人を見て判断されることも多い

そんなみんなを見ていて思う
「これをやらなければならない!」
「仕事ってのはこういうことだ!」

という雰囲気が強い

もちろん期限があるのが仕事
期限の無い仕事なんて無い


でも、じっくりと正面から取り組もうと言うよりも、手早く片付けようというスタイルが多いように思う
そんな中にいる私は多分、スマートに仕事が出来る人では無い

デキル後輩から時々言われる
「ラスカルっさんはじっくりとコツコツと取り組む仕事の方があっているのかもしれませんね」

私も激しくそう思っているよ!(笑
みんなのように短期間にあれこれとこなすことは出来ない
物事を決めるのに時間はかかる
一度に処理出来る仕事の量もみんなに比べれば、少ない

でも、みんなと同じような仕事のスタイルである必要は無いと何故か思う
部長様の言うことに「Yes」ばかり唱える人が多い
(心の中でどう思っているかは知らないけど)

そんな中、じっくりと何かに取り組む人が居てもいいんじゃないかと思う
その分野だけは誰にも負けないっという何かがあればそれでもいいんじゃないだろうかと思う

この部署の中では私もそんなに若くない
うつ病に見られない私は「中堅社員」だよね?っという目で既に見られているのも承知

「中堅社員なのだから、これくらいは知っていて、理解していて当然だろ!?」
っということも時々、言われる

でもさ、知らないことがあるから、知りたいと思うんじゃないだろか?
知らないと言ったら、いけないの?
(うちの部署ではそれを言ったら、何故か雷が落ちる)

もちろん、知らないままにするつもりも無い
知らないという事実を自分の中で受け止めるだけの時間くらいは欲しい
時々、「そんな時間は無い!」っというお叱りも受ける


「知らないことはイケナイことだ!」
「知っていて当然だろ!?」
っという雰囲気が漂っている
そうなのかなぁ?という声をあげることさえも出来ない雰囲気がある

だから、時々、息が苦しくなる
何故、ここはこんなに慌ただしくしていなきゃいけないのだろか?
それが不思議でたまらない

うつ病を経験してみて「知らないことは悪いことじゃない」という考えは既に身に付けたつもり
もちろん、まだまだだけれどね

答えの見つからない問題も多々ある
特に最近の仕事は、そういう類が多い(泣

こんな時、どうすればいいのだろう?っと時々考える

でも、答えは見つからない
そして多分、その答えは既に私の中にあるのだろうということも何となくわかっている

答えが見つからないということで焦っているのかもしれない
慌てているのかもしれない
でも、いつか見つけたいとは思う

最善の答えでは無いかもしれない
技術は時間と共に進化するものだから

現時点で自分がこれだ!っと思うものが見つかればいいなと思う
そしてそれは、『他人から「見つけなければならない」という類では無く、自ら見つける類の問題』なのだろうと思う


今週もあと二日だ
明日も朝散歩出来るといいなぁ
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

いんじゃない

こんにちは。
話聞いていると、皆さん同じベクトルを向いているようで、組織としてはちょっと怖い状態かも。
ラスカルっさん、そんな中ちょうど良い立場なのかもと思います。

No title

あるある そういうこと
うつ病には辛い一言もあるしね
がんばりたいのにがんばれない自分に腹たてたりしてるけど
誰もわかってくれないし

わたしはしばらく療養というか静養します
その前に退職が。。。めんどい作業です
でも生きてますよ(笑
さあがんばって市役所に問い合わせだ~

わたぽんさんへ

こめ、さんくす♪

怖いですよ~
昨日は味方の人が今日には敵に変わりますから(苦笑

マジトークが出来る人が少ないですね
怖い職場であるけれど、少なくとも自分は本音を語る人でありたい
そう思ってます

しまねこさんへ

こめ、さんくす♪

そうなんですよねぇ
中々、理解は難しいのだろうとも思うのだけれど...ね

しまねこさんも色々と大変なことはブログで拝見させて頂いています
お互いに一息つける場所と時間は何とか持てるようにしましょうね

他人への思いやりはまず、自分への思いやりからだと思うので

「知らないこと」を受け容れること

ご無沙汰です^^
私は自分が「知らない」という状態をまだ受け容れるのが上手くできないんですよね。以前からそういう傾向はあって、それがうつ病発症の大きな原因ともなったのですが、人に尋ねることも苦手^^;
だから全部自分で抱え込んで潰れました。

「知らないこと」があるのは誰でも同じですよね。ただそれを認めることができるかできないかだけだと思うのですよ。みんながみんな仕事に関する全てのことを知っているわけなんて絶対ないもの(笑)。
知らなければ調べればいいし、知っている人に尋ねればいい。
尋ねられたら自分の知識を分けてあげればいい。減るモノじゃなし。
そんな風に思うのですが、実際は難しいところです。

どんな形で自分に折り合いを付けるか・・・。
ちょっと考え込んでしまいます。

れもんさんへ

こめ、さんくーっす♪

そうなんですよねぇ
うちの部署は「知らない」「わからない」というと不機嫌になる怖い怖い部長様が鎮座しているので、大きな声では誰も言いません

やはり私はそんな中に居ても「知らないことは知らないと言いたい!」っと周囲には言うようにしています
知らないことは恥じゃないですしね

その代わり、「知りたいからもっと情報を教えて!」っと言うようにはしています
そのおかげでイラナイ所まで首を突っ込んだりしてますが(苦笑

私も今一度「知らない」ということはどういうことなのかをよく考える時期に来ているのかもしれません

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください