醜いと思うことはしなければいい

只今、18:30也…

現在、ベローチェにおります
意外と混んでる

まずは追加の風景です
DSC_7694.jpg
Rising Sun


DSC_7698.jpg
Rising Sun


DSC_7699.jpg
The Bridge


DSC_7700.jpg
Morning


DSC_7710_20110712053502.jpg
Morning


DSC_7728.jpg
あじさい


DSC_7729.jpg
Orange


DSC_7731.jpg
Red


DSC_7733.jpg
Morning


DSC_7736.jpg
Sky



暑い…
夏だなぁと思う


今日は午前中はグダグダだった
理由はわかってる
昨日、中々眠れなくて、眠剤を追加で飲んでたから

まぁ、しょうがない
ってことで午後から少し本気だした(笑

今日は大事な診察日
「どうですか?」
優しく微笑む主治医
少しワクワクしながらも気遣う目つきがそこにある

「意外と好調な気がします」
それはあながち間違いじゃない

確かにキツイときはあるけれど、何故だか好調な気がする
詳しくは追記にします

でも、待合室で待ちながら、患者さんが意外と多いのに、ときどきビックリする
でも、診察室から出てくる患者さんは皆、少しホッとして、時には笑顔で出てくる

多分、私もそんな一人(微笑

表題の件は追記にします

(多分、長いので長文苦手な方は回れ右)

肩と背中と足首が妙に疲れている
凝ってるというよりも重い

それはしょうがないことだと自覚はしてる

一つだけわかったことがある
私は少し変わった

今日、パワハラな部長様が吠えてた
今回の対象は私

吠えられながらも、何故か私の内面は落ち着いていた
私は自分のしていることを信じている
それをはっきりと感じた
吠えられながらも考えつつ、受け答えしている私は意外と頭の回転数が上がっているのかもしれない

ただ、周囲の人間はそうは見えないらしい
吠えられた後、少し周囲の人間から心配された

そこでふと感じた
周囲が観ている私と自分が観ている私には違いがあるのだろう

私は周囲が心配するようにオドオドしていたように見えるのかもしれない
けれど、それは実は大したことは無いのだということにも気づいている

吠えられるのは一瞬
これまで自分が出来うる最善の策は取ってきたつもり

それが部長様の気に障るようなことかもしれないけれど…
けれど、これは一人でやっていることでは無い
一人で出来るものでも無い

自分なりの考えを持ち、時には周囲の言葉を取り入れながら、考え方を着実に増やしてきたつもり
自分が知らないことはまだまだたくさんある


それを知ることが出来るのなら、色々な意見はあってもいい
それが偏らなければそれでいい

人によって見方は違うのだから

今に始まったことでは無いけれど…
部長様の言葉に醜さを感じるときのほうが多い

特に「オレ様は!」とか「誰かに何かをやらせる」という言葉に何か醜いものを感じる

全てを見下したモノの言い方は私にはあわない
でも、それでいい
その考え方があわないということを認識出来るのだということだけでもいいのだ

私が携わっている仕事が会社の中で何故だか取り上げられることが多くなってきた
色々な人が気にかけているということも今日、よくわかった
特に上層部の方が気にかけてくださっていることもわかった

何となくは知っていたけれど…
でも、どことなく権力闘争のオモチャに使われている気もしてきた
醜いなぁ(苦笑

まぁ、いいさ
それだけ自分の力を試せる場所に来たという証でもある

何が出来るとは言い切れない
私の知っていることなんて、長い目で見たら、ちっぽけなものなのだから


だから私は常に何かを吸収しようとしているのだろう
すぐに忘れてしまうのだから

忘れてもいい
何かに残しておけるのなら

その舞台に上がっただけの話
ここでそれをしない手は無い

今がチャンス
そう感じている

だからと言って、パワハラな部長様の言い方に耐えるとか耐えられないとかそういう問題じゃない
これは耐えるとか耐えられないとかいう次元の話では無いのだから

実現しようとしているものに向かって、着実に進ませることの方が大事
何故かそれを楽しもうとしている私がいるのも事実
心の底からいつも楽しんでいるわけでは無いけれど…ね

苦しいときもあれば、楽しいときもある
苦しいときがあるから、楽しいときもある

その苦しみは永遠には続かないさ
必ず明ける瞬間が来る


今朝、空を見上げながらそう感じていた
雲があるけれど、澄んだ空
冬の明け方は深い青色をしているけれど、夏の明け方はどこか開放感がある

今の私は空を見上げることが出来るのだ
そう感じただけでも嬉しい

「散歩が楽しいんです」
主治医にそう話しながら、その時に感じていた気持ちが少し蘇る
「それは良いことですね」
そう話す主治医の目も笑っていた

ラスカルっ:「何だか部長様とやりあいながらも、怯えてない自分を感じてました。怖がることは無いのだなぁと」
主治医  :「それはとても良いことですね」

そっかぁ、良い兆候なんだなぁと再認識した(笑

ウツ病になる前と違う私がここに居る
ウツ病が酷かった頃とも違う私がここに居る
いつも今日と同じように落ち着いているかと言えば、そうでも無い(笑

それにこのペースを保とうとも思ってない
自分が醜いと感じる生き方、考え方はしたくないだけの話


常に何でも出来るデキた人間じゃないから
何でも知っている人間じゃないから


逆に何にも出来ないさ
出来ると言い切れることは本当に少ない
いや、無いかもしれない


それが本当のところだろう
無いからこそ、今、私はこうしていられるのだろうと思う

いつも何かから何かを学ぶことは誰でも出来る
そしてそれが早いとか遅いとかいうのは問題じゃない
何事も遅すぎるということは無い

そんな気がする
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください