自分と向き合うこと

只今、18:40也…

現在、会社最寄のベローチェ
まずは追加の風景です

DSC_7105_20110630053434.jpg
朝日


DSC_7109.jpg
Morning


DSC_7112_20110630053433.jpg
Morning


DSC_7124.jpg
あじさい


DSC_7125.jpg
あじさい


R0034250.jpg
川原


R0034253.jpg
サギさん


R0034254.jpg


R0034255.jpg
モノレール



今日の東京は予想通り、午後から雨が降っていた(らしい)
社内に居ると外の状況がよくわからん(苦笑

体調は少し下降気味?
いや、単に眠たいだけか?


でも、意外と好調な気がする
今日は大事なカウンセリングの日


「何だか少し痩せた?」
少し不思議そうな顔をするセラピスト

ラスカルっ:「やつれたように見えます?」
セラピスト:「いや、痩せたように見えるわよ?」
ラスカルっ:「あぁ、髪の毛、切ったせいでしょうね」
セラピスト:「なるほどねー」

っという言葉の中でもセラピストの気遣いを感じる
「やつれた」のではなく「やせた」と正直に言ってくださる
よく見ているのだなぁと思う

何故なら今の私は前回のカウンセリングの時に比べて、格段に活き活きとしているのを自分でも感じているから
それはセラピストもそう見えたらしい
「何だか今日のラスカルっさんは活き活きとしてるように見えるわよ」

私は主治医にもセラピストにも恵まれているなぁと思う
このウツ病を経験しなければ、出会えなかった方々

ウツ病はならないに越したことは無い
自分のこれからの生き方を変えてしまう病

でも、不思議な感じがする
もし、ウツ病にならなかったら、理解出来なかった世界がそこにある
出会えなかった人々がそこにいる

そんな世界を見て、色々な人と出会い、会話をしてみて思う
今の私はウツ病になる前の私よりも優しく穏やかな気がする

それは他人に対してというよりも自分に対してだろうか
ただ、自分に優しく出来るということは生きていくに必要なものだという気がする


そんな話は追記にします

何故、自分が活き活きと感じているのかをセラピストと話した
要点は2点
・会社の中で自分が何をするべきか、自分で選択した
・物事は「良い/悪い」のではなく「美しい/醜い」のかで観ることが大切だと感じている

部長様は今でも怖い存在
一度吠えられれば、今でも身が縮み上がる


でも、自分が出来ることでこれからどんな事を会社の中でしたらいいのかが見え始めている
部長様はそのきっかけを与えてくれているに過ぎない

部長が言うことを自分の中で捉え、自分の人物像が見え始めてから何かが変わった

自分が一人の人間として成長する場が単に会社であっただけの話
ここは自己成長の場だと考えてみれば、今、キツイ想いをするのも将来の自分のためになるのだろう


明確で無い理由で怒られるのは、納得がいかない
でも、社会の中にはそういう人間もいるのだ

だからといって、関わらないわけにはいかない場合もある
ただ、長い目で見たら、今、悩んでいることもちっぽけなものなのだろう

そう…
道端に転がっている石のようなもの

そう思い始めてから、少し何かが変わった気がする

「物事は良い/悪いのではなく、美しい/醜いかで観たほうがわかりやすい」
もう10年以上、いつも散髪に行く床屋さんで聞いた話

自分がしていることは美しいのか、醜いのか
他人がしていることは美しいのか、醜いのか

自ら醜いことを率先してやる人は居ないだろう

私は自分が美しいと思う言動を心がければ、それでいい
それが自分のためにも他人のためにもなると思うから


いつもいつもそういう風に出来るとは限らない
けれど、そう心がけているだけで自分の気が晴れる
それでいいさ

そして、物事を美しい/醜いで観るためには、その見方を鍛えたほうがいいのだろう
私にとって写真を撮る行為は、その見方を鍛えてくれるもの
私にとってバレーボールをするということは、身体を鍛えてくれると同時に調和の取れた世界を感じさせてくれるもの
そんな話をした

「ウツ病が治るまで、あと2年くらいかな?」
セラピストの目がキラーンと光る

ここで「後2年もかかるの!?」っというのは健常者の素直な反応だろう
瞬間的には私もそう感じたけれど、「そうだろうか?」とも思う

ウツ病は自分の生き方を変えてしまう病
強制的に自分を見つめさせられる

でも、私は思う
それでもいいじゃない

だって生きているのだから
生きていることを感じている自分がいることが素直に嬉しいと思うのだから
明け方の空を見上げ、美しいと感じる自分がいるのだから


こういう経験はウツ病にならなかったら、しなかっただろう
自分を見つめるという行為は時にはキツく苦しいもの

それでもこの経験は貴重なもの
どうせなら見尽くしてやろう
こんな経験、滅多に出来ないんだからねっ!

そういう風に感じているからこそ、今の私がいるのだろう

セラピストは言う
「何だか大丈夫そうに見えるわよ」

にゃはは…
主治医と同じことを言う(笑


素直に思う
今日のカウンセリングは楽しかった

今週も明日で終わり
でも、明日から7月
夏もこれから

今年の夏は無事に越せるか自信は無いけれど
それでも堂々と胸を張って歩ける自分がいるから大丈夫
根拠の無い自信が何故か、今の私にはある


会社の中で社長とすれ違う
「こんにちは!」
今日は笑顔で言えた

「大丈夫ですか」
思いやりのある目でそうおっしゃる社長

「はいっ、何とか頑張ってます!」


そうはっきりと言えるだけの自信が今の私にある
それがわかっただけで今日は嬉しい

そんな感じ
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください