自分の出来ることを精一杯やろうと感じる時

只今、18:30也…

まずは今日の風景から
R0034228.jpg
川原


R0034229.jpg
水車


R0034230.jpg



今日の東京は雨なんだか、晴れなんだか、曇りなんだか…

でも朝、中々起きれなかった
いや、正確には昨日の夜、暑くて中々寝られなかったというのもあるか…

結構、出社時間ギリギリになるのもわかっていたけれど、何とか間に合った
でもって眠い眠い…
やはり風邪薬の力は偉大なのかもしれん…

表題の件は追記にします

ふと感じた
今の私が周囲に誇れるものってあるの?

冷静に考えてみると…無いなぁ…と思う
そして「何も無い」と感じていることに焦りは何故だか感じていない
周囲の人間からしたら、「それはヤバイですよ」っと言われるけどね

不思議なもので私はそう感じていても、周囲はそうは見ていないらしい
周囲の人間からしたら、「凄いことしてる!」っと思われても、私は別に大したことをしていない
そう感じる
これは私の性格によるものが大きいのだろうけれど…

でも、私は今で満足していないから
形の無いものを生み出そうとしているから、初めは辛かった
自分が得意な分野だと認識しているとは言え、それを絵にしたり、文章にしたりするのは酷くキツかった
それは今でも同じ

でも、その形が少し見えてきた段階で落ち着きが出てきたような気がする
さらにもっと詳細を詰めていきたい
そのためには私一人では難しい

周りの協力が必要
それを仰ぐことに気負うことも無い

わからないことはわからないと言ってもいいのだ
こうしてみたい
あぁしてみたい
と言ってもいいのだ

そして、相手を傷つけることなく、自分の意見を言える人間になりたい

ふと視点を変えてみる
定年を迎えた方が会社を去る姿を何度か見てきた

直属の上司だった方もいる
みんなどこか寂しげ

そういう方から私は何かを学んできただろうか?
そういう方は何かを残そうとしてきただろうか?
そしてそれを見ようと私はしてきただろうか?


先人が築き上げてきたものがあったほうがいい時はたくさんある
それを活用しようとしているだろうか?

何故だか有効に活用していないような気がしてならない
活用しようとする文化がそもそも無いのか…

いや
「有効に」という言葉に表れるように、どんな風に活用すればいいのかを示すものが多分、無いのだ

だからこそ私は今の仕事にその知識を集約してやろうと思う
今、この時代だからこそ考えられる知恵を使って…

3年後には一般的になっているかもしれない
けれど、3年後にはまた新たな見方を加えればいいのだけの話
これは多分、ウツ病である私だからこそ見える見方の一つ

時々、出席している会議で若い子達を見ていて思う
あぁ、私も若い頃はこういう風にドキドキしながら、「何か発言しなきゃ」と思いながら発言していたんだなぁ…と

言うべきところは抑えるけれど、私はあえて会議の進行にだけ、気を配るようにしている
まだまだ若い子達には議事進行が難しいのだというのがわかったから


私もそういう年齢になったのだなぁ
おじさん的なボヤキのように聞こえるかもしれないけれど、私自身はマイナスにはとらえていない

その世代にはその世代なりの考え方、感じ方がある
それは成長するに必要なこと


今の私に出来るのは、それを矯正することでもなく、自分の意見を押し付けるものでもなく、引き出してあげること
何かを考えるきっかけを作ってあげること


客観的に見たときに「ウツ病の人がそんな上から目線でいいの?」的な意見が時々出る
っと言うか、やはり偏見の目というものはある

偏見の目を持っている人が悪いのではない
偏見を持たれる人が悪いわけではない

偏見の目があったとしても、その差を埋めようとする意識のほうが大事

だからというわけではないけれど、私は自分が今、ここで出来ることを精一杯やるさ
それでも自分は薬を服用していることは隠しはしない
ウツ病であることは堂々と言える


それはウソではないからね
ウツ病だから仕事が出来ないなんて私にとっては、ウソさ

もちろん、ウツ病で体力が低下しているのに、健常者と同じ質、量をこなすのは難しい
けれど、ウツ病であろうとなかろうと、こなせる仕事量や質に差があるのは同じだろう

人は誰しも同じ能力を持っているものではないのだから
自分の力を活かそうとするのは本能だろう


周囲がそれを認め始めたときから、時計は回りだすのだろう
それはウツ病であろうとなかろうと関係は無いこと

ウツ病を経験している私だからこそ、態度で示せる唯一のこと
これからウツ病を経験するかもしれない人間に示せる生き方の一つ


私はそう信じている
ムリに信じているわけではない
これは私が経験してきた事実

だから、私はこのまま歩み続けることに躊躇は無い
少し雲があるけれど、夕陽を見ながらそう強く感じた


さて…
明日はモハメドのライブが府中Flightである日だ
行くぞ!
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

力強いです。

自分も鬱である事を隠したりしませんし、それを利用した仕事をしようとも思いません。ですが、shinzyさんのように達観できません。まだまだ小さいことに拘って、縛られています。shinzyさんの様にそこからの第一歩が踏み出せません。

それにプライベートがすごく充実してますね。羨ましいです。やはりプライベートがしっかりしていると、気分も変わってくるんでしょうかね。

なんか散文になってしまいました。失礼しました。

yasswyさんへ

こめ、さんくーっす♪

別に散文になってはいないですよん
多分、段階というものもあると思います
私の今が全ていいわけではないですしね(^^;

ただ、私は忘れやすいという側面から、今、この瞬間を生きたいと願っているだけにすぎないと思うんです
yasswyさんも自分にあった何かが必ず見つかると思います
焦らない焦らない

何だか、上から目線のようで本当にすみません。
でも、私もこれからどんな風に変わっていくか、私自身もわかりません

ただ、一度しかない人生を如何に楽しいと感じる時間を過ごしたか、逝くときにそれを思い出したい
そう思っています

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください