FC2ブログ

何故、ここまでムリしているのだろうか?

只今、19:15也…

現在、会社最寄のベローチェ
まずは追加の風景から
R0034067.jpg
The Bridge


R0034068.jpg
川原


R0034071.jpg
Flowers


R0034072.jpg
Flowers


R0034073.jpg
水車


R0034077.jpg
サギさん



今朝の記事はどうやら書いてる途中で寝てしまったようだ(苦笑
書いた内容はほとんど覚えてない

まぁ、しょうがないしょうがない

まだ今日は月曜日
でも、時間が足りない
回らない頭をフル回転させながら、仕事するのは疲れる


でも、今日、ふと感じたことがある
それは「一体、自分は何故、こんなになってまで頑張ろうとしているのだろうか?」ということ

詳しくはウツな私なので、追記にします

精神的な病をわずらったことが無い人には中々、理解してもらえないこと
それは健常者が考えるほど、体力がないということ

環境が少し変わっただけでも、何倍ものストレスとなる
言われる言葉一つとっても、それを自分への批判とか非難中傷の類に捉えやすくなってしまうということ


自分がいけないのではないか?
それは常に自問自答している

最終的な答えは出ない
その時々の気持ちの持ち方によって変化する

今日は朝、散歩したせいか、意外と落ち着いて物事を考えられた
うん
意外と冷静

そんな私は自分に対して、時々、疑問に思うことがある
「今の私はムリをしている。でも、何故、ムリをしているのだろうか?」

怒られたくないから?
批判や中傷を受けたくないから?
自分の存在意義を感じていたいから?


正確にいうと、そのどれも違うと感じている

実現したいことがある
一つの道筋として

多分、それは喜ばれるものになる
その考えが私の中にある

どう実現するか、具体的なことは正直、わからない
私は万能な人間じゃないから
そもそも万能な人間なんていないでしょう?

周囲の人間や上の人は言う
「これ、やっといて」
「やれ!」


そこに何の思想も感じられない
面倒なことだけど、上からの指示だからやっといてという指示が意外と多い


片手間で簡単に出来ることなら、まだマシ
でも、意外と手間がかかるのと、周囲への影響が多大なケースが多い

どんな場合でも私が欲しいのは、その方向性
少なくとも、上からの指示であれば、それが欲しい
理由を尋ねても、
「他に適当な人がいないから」
「他に誰がやるって言うんだ!?」

っという回答が多い

そう言われてしまうと、やる気は出ない
やるからにはその方向性が知りたい

でも、これまでのやり取りから、私からそういう風に聞かれた相手もその時々で思いついた適当な答えしか返さないと思う
それがわかっているだけに聞いてもしょうがないと感じてしまう

そして最初の質問に行き着いてしまう
何故、私はここまでムリしているのか?

多分、それは私の性格に由来するんだろうな
適当になれない
自分が担当するならば、自分の納得いくものにしたい


それが私の中にある
だから突き詰めようとする考えに至るのだろう

それは悪いことじゃない
深く追求しようという心は私の中で大事な要素
物忘れの酷い私だけれど、追及しようとする考えは失っていない


周囲がそんな私の性格を理解した上で要求しているとは、とても思えない
求めるものは人によってそのレベルが異なる


もちろん、自分と同じことが全て正しいとは思ってないさ
でも、他人が言うこと全てが正しいとも思わない

そこにコミュニケーションが生まれるわけなのだけれど…
私が相手を理解しようとしても、相手が私を理解しようという姿勢が見えないと堂々巡りになる

既にその兆候が見え隠れしている現在、それが辛い
今、私が担当していることを理解してもらうには、いくつもの壁を越える必要がありそう

ウツ病の私がこんなことしてて大丈夫なんだろか?
時々、それは感じる疑問
周囲は決まって言う
「ラスカルっさんしか他にいないですから」

そうなのかなぁ?
良い意味でも悪い意味でもなく、素朴な疑問

結果として「ありがとう」と言われるような仕事が出来ればそれでいい
そして私が担当するならば、私の中の基準で良いと思うものに仕上げたい


それが私の想い
だからウツ病であったとしても、私はムリしてまで頑張ってるんだろうと思う

生きにくい世の中
他人を認め、自分も認められたら、どんなにいいだろうか?
もっと生きやすい世の中になると思うのだが…


カッコイイ事ばかり言う奴は苦手
小難しいことばかり言う奴も苦手

苦手という表現が適切でないなら、キライと言っておこう
私の周りにはそんな魑魅魍魎がたくさんいるから

長い人生でみたら、この瞬間はほんの一瞬に過ぎない
今、「大変だーー!」っと感じていることも、ほんの小さな出来事に過ぎない


若いうちはそれが大きな壁と感じるのだろう
私がもっと歳を取ったら、多分、そんなに壁とは思わないかもしれない

そして、これは一つの学びなんだろう
人は常に何かを学びながら、生きているのだから


多分、これから、もっとハードルが上がる
それは間違いない


これはほんの始まりに過ぎない
でも、だからといって、チャレンジする心だけは持っていたい

関連記事
スポンサーサイト



theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

お久しぶりです。

若い頃は壁を大きく感じる…そうかもしれませんね。
私も高校生の時の方が今より辛かったですもん。
ラスカルっさんはお仕事もされて私より大変だとは思うんですが、当時私は高校3年生。

周りが当たり前のようにどんどん技術が高くなって(私は調理科出身です)実習のレベルも回数も上がり、校外実習もあり、

高校3年まではバイトをやってまして、

常に慌ただしい日常でした。

でも同時に辛いことばかりではなかったなと思います。

辛いと感じたけど、一瞬でしたね。

今になって縁が切れた子は気が合わなかったり、無理してお付き合いしてたなと思う紫苑でした。

後から聴くと「辛かったのは紫苑ちゃんだけじゃなかったよ、私たちも実習のレベルには先生に掛かりっきりだったよぉ」と言われて、

「当時訊きたかったなぁ」と後悔しました。

でも現在好き嫌いも前より減って母の料理の手伝いが出来るようになったので、

「通った事にも意味があったんだぁ」って嬉しかったです。

ほんの始まりでも始まるだけ希望がありますもんね。私も希望を持ちたいです。

紫苑さんへ

こめ、さんくす♪

そうなんですよねぇ
若いときは小さなことでも何だか大騒ぎしてたような気がします
そんな風に感じられる歳になったのかなぁと、ぼーんやりと考えてます

確かに振り返ってみると悪いことばかりじゃない
そんな風に思えることもまた嬉しいもんですね

ありがとうございます
何だか少し落ち着いた気がします

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して9年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください