他人を元気にするには自分が元気であること

只今、18:15也…

現在、自宅最寄のタリーズに居ります
まずは今日の風景から
DSC_9716_20110319175930.jpg
Flowers


DSC_9717.jpg
Flowers


DSC_9720.jpg
Flowers


DSC_9682.jpg
川原


DSC_9685.jpg
Yellow


DSC_9688_20110319175800.jpg
The Bridge


DSC_9692.jpg
Sunset


DSC_9693.jpg
Sunset


DSC_9703_20110319175845.jpg
Sunset


DSC_9704.jpg
Sunset


DSC_9705.jpg
Sunset


DSC_9709.jpg
Sunset


DSC_9714.jpg
穏やかなひととき



今日は起きたら11時だった…
どんだけ疲れてるんだ?


お昼以外は寝させてもらった
さすがにキツかったから

気がつけば、バレーボールの練習の時間
そういや、今日あるのか!?っと思って、メールしてみたら…
「今日は体育館が取れて無いから元々ないぞー」

あらら…
そうだったのね

でも、カミサンに「行って来るね」っと言った手前、家を出てきました(笑
ゆっくりと写真も撮りたかったしね

川原には数人が佇んで、普段と変わらない光景があった
遠くにサギさんが舞っている

この頃、見かけなかったけれど、やっとこの付近にも戻ってきたみたいだ
何だか安心した

テレビでは連日の被災状況の映像ばかり
CMになったと思うと、延々同じCMしか流れない
普通の番組もやっているけれど、どこかに必ずテロップが入るので、そちらに目がいってしまう

これではマイってしまうよなぁ
でも、情報がすぐに手に入るのは良いと思うけれど、少しずつ日常を取り戻さないといけないなぁと思う

このブログはウツ病で忘れやすい自分のために始めたもの
写真を毎回載せるように心がけているのも、その風景さえも忘れやすいから忘れてもいいように載せている

ウツ病を発症した2年半前
何をしてもすぐに忘れてしまう恐怖

自分が何故、ウツ病になったのかさえもわからず、右往左往していたあの頃
人と会うことさえ怖いと感じ、外には出れなかったあの頃

綺麗だと感じる風景を観ても、あとでどんな風景だったのかさえも忘れてしまう恐怖
携帯写メから始めた写真
あの頃に比べたら、今はだいぶ変わってきているんだなぁと思う

ふと思う
他人に対する思いやりということを忘れてしまっていたあの頃
ウツ病になって自分を振り返り、自分一人で生きているわけではないと感じた経験

他人の痛みがわかるようになりたいと思う
地震の映像や被災地の映像を見ていて思う
被災地の方々の辛さは計り知れないだろう

でも、それに感化されてばかりではいけないのだろう
ここは被災地では無いのだから
いつもの生活を保ちながら、出来ることをするべきなんだろうと。

そんなウツな私は追記にします

何だかまだふらふら~っとする時がある
地震が起こってないのに地震?みたいな

まだ日本の各地で地震は頻発している
でも、規模は小さくなっているような気がする

まずは自分のこの小さな小さな日常を取り戻さないとなぁ
こんな時、セラピストから以前、言われたことが思い出される
「他人を元気にするには、自分が元気でないとダメよ!自分が元気だからこそ、他人を元気にさせられるのよ!」

自分自身が元気で無いと他人は元気には出来ない
それは先生から教えられたことでもあるけれど、自分の経験でもそう思う

元気であること
それは自分が生きていく糧にすることも出来るし、他人を元気にさせることにも繋がる
自分が思い悩んで疲弊してばかりではいけない
この世は自分一人で生きているわけではないのだから

先生は偉大だなぁと思う

うちの会社にはセラピストのことを悪く言う人が意外と多い
健常者も、ウツ病になっている人も…
それは多分、相性が良くなかったからでしょう?っと言っても、通用はしない

みんなが心に思うカウンセラー(セラピスト)は多分、いつも優しげな人か医者みたいな感じなのだろう
はっきりと言い切るセラピストはその姿とは似つかないものなのだろうなぁ

でも、思う
セラピストは口調は優しげだけれど、はっきりと言う。
「自分と向き合いなさい!」

「生きる」ということは命がけなのだ
そこには健常者も精神的な病を抱えた者であるという区別は無い

でも精神的な病を経験したことのある人なら、認識は出来ることがあると思う
それは「自分を褒めること」「他人を認めること」

出来る出来ないは問わない
そういう考えがあるということを健常者よりも一度は深く考えたことがあると思う

日本がこんな事態になって思う
「自分はこんなことしてていいのだろうか?、こんな贅沢してていいのだろうか?」

それでも自分を肯定する努力は必要だと思う
悪いことをしているわけではないのだから

いつもよりもほんの少し我慢をすればいいさ
自分が幼かった頃はもっと何も無かったのだから


その頃に比べれば、世の中はだいぶ便利になった
その便利に慣れてしまったから、「当たり前のこと」が出来なくなると不安になってしまう


これはどこか「ウツ病を発症した頃」に似ている
昨日までは頑張って会社に行けてた自分
ウツ病になって普通に会社に行くことは出来なくなった
仕事も出来なくなった
そんな自分がイヤだった

でも、2年以上経ってみて思う
まだ私は生きている
生きるということに関しては変わっていない
生きる目的?生きる糧にするものが変わっただけ

少し見方を変えれば見えてなかったものが見えてくる
ただ、それだけの話

見えてきたものからまた何かを見つければいいさ
人生はまだ長い


その長さに幻滅することなく、今をしっかりと見つめていきたい
「今」は既に「過去」さ

川原でぼぉっとしていて感じた
今の私は「今」を見つめる余裕が無いのだなぁと

ただし、それを感じるだけでもいいのだ
そこからまた何かを見つけることが出来るから

今夜のお月様はかなり綺麗みたいだ
明日の午前3時~4時くらいが一番大きく見えるらしい


それがホントならば散歩をして眺めていたい
輝く月明かりの下の散歩

ただでさえ真っ暗なんだから、もっと綺麗だろう
時にはそんな風景を観ることも大切だと思う
こんな事態になっても、心が壊れないようにするためにも


只今、19:00…
今、揺れてた(^^;

ちょっと店内騒然!?
同じ場所に居る人で顔を見合す
隣のおばさん:「揺れてたよね?」
ラスカルっ :「はいっ、揺れてましたね(微笑」
隣のおばさん:「あぁ、良かったぁ。勘違いかと思ったわぁ」

笑い話かもしれない
けれど、これが現実


不安なときは誰でもいい
こんな時に話しかけられて、嫌がる人は居ないさ
だから私は笑顔で話そうと思う


さっき店員さんから声かけられた
店員さん :「私、今日が最後なんです。今、大学4年で就職するので…」
ラスカルっ:「おぉ、それはおめでとうございます!」
店員さん :「でもこれからはお客としてここに通うので、また!」
ラスカルっ:「そうですね、ぜひ!(微笑」
っと、にこやかに談笑

いつもいつも笑顔で対応してくれる店員さん
たとえ地震が続いていようが笑顔で迎えてくれる


この笑顔にどれだけ励まされていることか
こういう事態でもこうして話しかけてくれる店員さんに感謝

やはりここのタリーズに居ると安心する

さてさて…
今日はまだまだここに居ましょうかね(^^;
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください