Beautiful scenery

只今、9:00也…

現在、自宅最寄のタリーズに居ります

今日は何故か寝れなかったので、ちょっと徹夜気味です

まずは今日の風景から
DSC_8861.jpg
The Bridge


DSC_8877.jpg
The Bridge on the Monorail


DSC_8883.jpg
on the Bridge


DSC_8893_20110108084408.jpg
Morning


DSC_8897_20110108084407.jpg
Tree


DSC_8901_20110108084637.jpg
Tree


DSC_8929.jpg
Sunrise


DSC_8931.jpg
Sunrise


DSC_8935.jpg
Sunrise


DSC_8943.jpg
Morning


DSC_8945.jpg
Sunrise


DSC_8951.jpg
Me...


DSC_8957.jpg
富士山


DSC_8962_20110108084741.jpg
Morning


DSC_8966.jpg
The River



結局、眠れなくて気がついたら5時になっていた
ふと、ゆっくりと朝散歩がしたくなった
外は闇


陽が出る前の風景は静か
ジョギングをする人
散歩をする人
駅に向かって足早に歩く人

色々な人が居る
でも、さすがに陽が出る前から写真を撮っている人は私意外に居ない(^^;

橋の上から見る朝日は光り輝いている
ハッとさせられる風景
何故、こんなにハッとさせられるのだろう?


昨日の夜からウツ気味だった私に生きなさいと言ってくれているみたい
そんなウツな私は追記にします

何故、堕ち気味なのかはよくわからない
来週からの仕事を思い悩み、沈んでいたのかもしれない
多分、そうだな

自分が抱えている仕事は私の予想を超えている
「思いつきで「出来ます」なんて言うもんじゃないよ」
昨日、恩人の先輩から言われたこと

思いつきで言ったわけじゃないさ
うちの会社が出遅れているだけ
使える技術を使わないで、無駄に時間を費やしているのがもどかしいだけ
このままじゃ業界的に出遅れるし、もったいない


今は明確な実現方法はわからない
でも、ゴールの構想はすでに頭の中にあるさ

ただ、それが部長様の構想と食い違ってきているだけ
来週、多分、部長様と激突するだろう

それが思い悩む要因の一つであることには変わらない
何故なら、部長様は何かある度に人を罵倒し、人格を否定する発言ばかりするから


人の上に立つ人はそういう一面があるのかもしれないけれど…
ただ、セラピストが言うとおり、この部長様は人の上に立つべき人では無い気がする

でも、うちの会社は意外と病を抱えた人に対する情が深い
情があるのは良いことばかりじゃないけれど…ね

自殺者が毎年、3万人を越える現実において「病で仕事が出来ない人」に対する扱いは酷くなる一方
他の会社であれば私のような人は既に首切りの対象になるだろう

でも、思う
私が倒れた当時の事業部長(部長様の上長)は言ったそうだ
「ウツ病で倒れた人を辞めさせるようなマネはするんじゃない!」
当時、私が倒れた際に言ったそうなので、今思えば、私が倒れた時のインパクトは大きかったようだ

冷静に思い返せば、部長様が休職していた私のところにわざわざ来てくださったのはそういう背景があったせいかもしれない
それが全てだとは言わないけどね

でも、その方も今は居ない
そのせいか、うちの部長様もやりたい放題
「ウツ病で使えない人間は負荷を与えて、本人がギブアップするか、自殺するまで落としてしまえ!」
「ただ、もしそうなったとしても、それは課長の責任だからな!」

未だにそう豪語しているそうだから

吠えてるだけじゃ人は動かないんだよ
人はロボットじゃないから

っと言っても、この部長様には通用しないだろう
そう考えると頭が痛い

そんな事がついつい頭の中を駆け巡る
そのせいか、眠れなかったのだろう

こんな時、カミサン、子供が居ないのも寂しい
それに私のこの苦しさをカミサンは理解できないから

「もしそうなったら、会社に文句言ってやるから」
っと冗談交じりで言うカミサンには、多分、理解は出来ないだろう

そんな事を考えながら、朝散歩をしていた
輝く朝日
湯気の立ち上る川
何もかも忘れて見つめているしかない風景


結局、私はいつも通り独りだなぁと感じた
人は一人じゃ生きていけない
けれど、人はどこまでいっても一人だ
時には寄り添い、励ましあい、蔑み、否定しながらも人は生きている


いつもの場所に来たら、サギが居た
人の存在を感じ取ったらしく、緊張している

ゆっくりと近づき…食いはしないよ

バサっと音を立てて、飛び去るサギ
あぁ、行ってしまった…

っと思ったら、急に向きを変えてこちらに飛んでくる
狙いすましてシャッターを切る

ファインダー越しに見るサギは、息を呑むほど美しい
そんな写真が撮れたことをサギに感謝しながら、その場を後にする
サギの写真は次の記事にでも載せよう


そんな景色を観ながらも思う
仕事に対する恐れはなくならなだろう
「一度、仕事のストレスでウツ病になった人は同じ負荷に弱い」

うちの課長の言う台詞
否定はしないさ
むしろ肯定するよ

「ウツ病はね、長いわよ。再発の確立は高いから気をつけるのよ」
セラピストの言う台詞
よくわかるさ

再発しないようにどうすればいいのかは、正直わからないさ
休職して、復職する頃に感じていた自由さを今は感じていない
何でもやってやろう的な思いは今は無い


あれやこれやと自分で道を塞いでいるようだ
私の悪いクセだな…

何もかも忘れるような時間を過ごしたい
そんな思いに駆られる今日
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください