このウツ病の私に出来ることは何だろう?

只今、20:20也...

現在、立川のベローチェに居ります
田舎の両親にちょっと写真を送りたいので、写真の印刷をしてきました

まずは今日の風景です
写真は先日、撮った紅葉です

ひょっとしたら、ここしばらくの記事は紅葉シリーズが続くかもしれません(笑

DSC_9934.jpg
色とりどり


DSC_9948.jpg
五重塔


DSC_9965.jpg
紅葉


DSC_9970.jpg
紅葉


DSC_9996.jpg
紅葉


DSC_0134_20101129201637.jpg
紅葉


DSC_0004_20101129201518.jpg
紅葉


DSC_0062_20101129201517.jpg
紅葉


DSC_0072.jpg
紅葉


DSC_0086_20101129201516.jpg
紅葉



色鮮やかな紅葉に魅せられました
この世の中にはこんなカラーもあるのだ...

っと写真を撮りながらも感動する

そして感動している自分がいることが、また何とも言えず嬉しい

そんな感じ

そして今日、写真を実際に印刷して感じた
世の中には綺麗だと素直に感じれる風景があるものだと
普段、PCでしか写真を観ていないので、写真を印刷してみるとまた、違った感じがした

写真は田舎の両親に送るために印刷をしたのだけれど...
ラスカルっJr.がつい先日、こんな事を言っていた
「パパが撮った写真を壁に飾っておきたい」
なーんでそんな事言うかなぁ?っとちょっと不思議だったのだけれど...

改めて自分の撮った写真を印刷してみて子供が言っていた事が何となくわかったような気がした
こういう風景を日常的に観れたら、いいだろうなぁと。


まぁ、壁に止めておくのも意外と気遣いが必要なので、ちょっと考えてみましょうかね

さて...
表題の件はウツな私なので追記にします

私の所属する部署に居る精神的な病を抱えた後輩
二人居るのだけれど、一人は同じ課、一人は隣の課
二人とも最近、かなり体調が悪いみたい


同じ課に居る子は今朝、急にパニックを起こしたらしく、休んでいた

うーむー...
そんなに抱えるほど仕事は無いはずなのだが...


私宛てに私信メールも着ていたので、とりあえず返信しておいた
その後、ちょっと課長と雑談...

同じように精神的な病(私の場合はウツ病)で休職して復職した私
休職してみてわかったこと
復職してみてわかったこと
たくさんあるのだけれど...
少なくとも最近、感じていること
「復職は通過点であって、ゴールじゃない」
それを理解するまで、復職した私もしばらく時間は要した

体調を崩している彼らに私が出来ることは限られている
彼らには彼らの生き方、人生があるのだから...

でも、ウツ病で休職して復職をして経験してきた私だからこそ、言える言葉がある
「今の自分が出来ることを精一杯すればそれでいい」

そういう事を言うと彼らは戸惑ってしまうかもしれない
会社は常に自分の出来ること以上のことを求めてくる

まぁ、そりゃそうだなぁ...
でも、人間なのだから、限界というものはあるさ
常に限界ギリギリでいることは出来ない

私はそうやって倒れたのだから、そう思う

頑張る必要は無いさ
十分に頑張っているのだから...マジで。


ウツ病で倒れる人は真面目な人が多いという
それは、あながち間違いでは無いと思う


精神的な病で倒れる時の状態は、この世の中で生きていくには、器用不器用かというと不器用の類に入るのかもしれない

でも、それはしょうがないこと
誰だって、好きでウツ病になるわけじゃない
倒れたくて倒れたわけじゃない


それを健常者に語ったところで理解してもらえるものでもない
その経験をしたことの無い人にはわからないこともあると思う

でも、ウツ病の人間がそういう心理状態であることを健常者が理解出来なくても、それを批判したり、非難したりすることは出来ない
わからない世界のことを「何故、理解出来ないの!」っと言ってもそれはムリなことだから

私に出来ることは、このウツ病になった経験を一人でも多くの健常者にわかりやすい言葉で語ること
ウツ病は誰でもなる可能性のある病なのだから

薬も色々処方されてきた
私の主治医は本当に慎重に薬は処方してくれる
患者の心情も理解しようと常に配慮してくれている
世間一般で騒がれている「薬だけを処方する」医者ではないと私は感じている

私がカウンセリングを受けているセラピストも常に「物事とどう対するか」を考えてくれている
それは療法というよりも雑談に近い
でも、それは私の性格に合っているようだ
何故なら、私はこんなにも元気になってきたのだから...

今日は朝からボケボケだったので、午前中の打ち合わせ中も頭が働かなかった
でも、打ち合わせ中、会話が途切れることなく、話し続けた

私が今、担当している仕事について...
これからどんなことをしようとしているのか...
私の担当している仕事にこれからどういう風に関わって欲しいのか...
それは私の想いを語ることに近い

私は自分の中でイメージが無いと話せない
だから、自分がイメージしている事だけはしっかりと伝えたつもり

でも、こうして語ったとしても、意外と話したことの2割くらいしか伝わらないことが多い
どんなに言葉で語っても、人の考えていることを100%理解することは難しい
それに常に考えというものは変化するものだから


話す方のイメージも変わる
話を聞く相手もイメージが変化する
言葉というのは、その差を埋めるために必要不可欠なもの
今日、打ち合わせをしながら、ぼんやりとそんな感じを受けた

そして私が出来るのは、こうして語り続けること
そして言葉を記録し続けること
ウツ病の私でも出来ることはそれくらいしか無い

でも、ウツ病を発症し症状が酷かった、あの二年前に比べたら、それだけでも奇跡に近いような気がする
「奇跡」というのは大げさかもしれないけれど(笑

でも、あのどこまでも沈んでいく暗い底なしの世界に比べたら、今は何と明るい世界に居ることか...
どんなにボケボケの頭をしていても、何かが出来るということは私にとっては嬉しい

確かに考えすぎると頭が痛くなるのも事実
でも、そんな時は考えなくてもいいさ

体調が悪い時は悪いなりに出来ることをすればいい
それをどう選択し、行うかは自分次第

この世は一人じゃ生きていけない
必ず他人と何らかの形で繋がっている

そのためには身振り手振り、言葉でコミュニケーションが必要になる
何も話したくない日もあるさ
何も手につかない日もあるさ

でも、「話しかけて欲しくない」という意思表示も立派なコミュニケーションだと私は思う
健常者同士でそれをやると喧嘩の元になるかもしれんが(苦笑

少なくとも精神的な病を抱えた者が発する言葉には何らかの意思がある
どんなに拙い言葉であったとしても...
それは後輩と接していて思う
そういう意味では精神的な病を抱えた者への対処の仕方を後輩から学んでいると言っても他言ではない
まぁ、私自身、ウツ病なんだけどねー(苦笑

精神的な病を抱えた者も生きていくので精一杯
でも、それを受け入れる側も苦悩がある
それはお互いに理解する必要があると私は思う

後輩も「どうやって会社の中で生きていけばいいのか」悩んでいる
でも、うちの課長も正直言って「彼とどう接していけばいいのか」悩んでいる
それが両方ともわかる位置にいる私は両方に伝えることしか出来ない
それがいい方向に向けば、それでいい


誰も好きでウツ病になるわけじゃない
でも、受け入れる側も更生して欲しいと願っている
それはお互いに徐々にその差を埋めていくしかない

急にお互いを理解することなんて出来ないのだから
それに同じ人間なのだから
この生きにくい世の中で共に同じ時代を生きているのだから

私はそう思う

さて...
昨日は多分、普段、相手をしていない子供の相手をしていて疲れたんだろな(^^;
そして、ユーロジンが効き過ぎたせいもあるかもしれない
今日はユーロジンを飲むのは止めておこう(笑

明日も晴れてくれるといいな♪
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

No title

紅葉、色鮮やかで奇麗ですね。

ご無沙汰しておりました。

こんばんは。
覚えていらっしゃるでしょうか?
日々の戯れ言。というブログを書いていた(前)朔葉です。

2年近く音沙汰なしですみませんでした。
新しくブログを開設したのでお知らせにきました。
よかったらまた、遊びにきてください。

私は今年、無事高校生になりました。
未だに不安障害と付き合っていますが、元気にしています^^

ではまた。
ご訪問お待ちしています。

すなやんさんへ

こめ、さんくす♪

色とりどりで観ていて飽きないです(^_^)

ありすさんへ

こめ、さんくーっす♪

もちろん、覚えてるよー!
元気にしてるみたいで安心しましたっ(^_^)

高校生!
良かった良かった♪

色々な不安や悩みがあるかもしれないけれど、それも生きている証
ゆっくりとでいいんだよー
焦る必要は無いさ

世代は違えど、この時代を共に生きている者同士、お互いにゆっくりと生きていこうね

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください