自分の直感を信じる

只今、17:00也...

現在、自宅最寄のタリーズに居ります
うーん、今日の本日のコーヒーも美味しい(笑
でも、それよりも何よりも店員さんの笑顔が素敵だた(^^;


まずは今日の風景です
DSC_6426.jpg
The Sky


DSC_6427.jpg
The Bridge


DSC_6456.jpg
川原


DSC_6466.jpg
The Sky


DSC_6472.jpg
Flying Bird


DSC_6477.jpg
Purple


DSC_6482.jpg
Yellow


DSC_6483.jpg
Yellow


DSC_6492.jpg
Yellow


DSC_6496_20101107162805.jpg
Purple


DSC_6499_20101107163536.jpg
Purple


DSC_6510.jpg
Dark&Green


DSC_6518.jpg
Dark&Green


DSC_6519.jpg
Dark&Green


DSC_6533.jpg
ちょっとだけ紅葉


DSC_6549.jpg
銀杏



今日はふらっと私の癒しの場所Part2のお寺さんに行ってみた
菊祭りを開催しているようで、色んな菊が咲き乱れていた

そして、紅葉も少しばかり...
もうすぐ紅葉が観れるようになりそう
楽しみです


表題の件はウツな私なので、追加の写真と共に追記にします

まずは追加の風景から
DSC_6552_20101107164115.jpg
Pink


DSC_6554_20101107164114.jpg
Orange?


DSC_6556.jpg
Yellow


DSC_6530.jpg
五重塔


DSC_6545.jpg
五重塔


DSC_6538.jpg
色づき途中


DSC_6474.jpg
色づき途中



色づき始めた紅葉
様々な色の菊
そこには色んなカラーがあった


写真を撮っていて美しいなぁと感じる
うん、この心はなくしてはいけないもの


ウツ病になる前はこんな風に素直に「美しい」なんて言葉は出てこなかったから
だからといって、人間として何かが欠如しているとかいう意味では無い


たまたま気づかなかっただけの話さ
その状況や環境におかれない限り、気づかなかったもの

でも、私はそれに気づく状況に置かれ、たまたまそういうチャンスがあっただけの話
そして、この心はこれから私が生きていく上で必ず必要となるもの

何故かしらそういう想いが私の中にある

カミサンは写真をするタイプでも無いし、子供も写真には無頓着(当たり前か(^^;)
私がどんな写真を日常、撮っているかは彼らは知る由も無い
私も「観てみて!」っと見せびらかしたりすることも無いからね(^^;

子供の写真は抜きにして、カミサンに本気の写真を見せたことはある
それはちょうど一年前だったか...

仲良しの派遣さんからのアドバイスで「ウツ病に理解の無いカミサンにリアルな私を知ってもらうために手紙を書いた」時のこと

それまで撮った何千枚の写真の中から、私がその時に一番美しいと感じた写真をつけて手紙を書いた
カミサンに手紙を書くなんて、それまでしたことは無い
あれから二枚目の手紙を書くこともないけれど(^^;


過去の記事の中にそれは書かれているけれど...(いつだったかは忘れた(^^;)
でも、手紙と写真のおかげか、カミサンの態度は緩和された

目に見えない、そして理解出来ない世界に私が居るということ
そして健常者のカミサンの身近な世界と共にあるもう一つの世界であること
ということを少しでもわかってもらえたみたい

それからのカミサンの態度は少しずつ私を理解しようとしているように見える
まぁ、カミサンの意識が私寄りに近づいた分、私も健常者の意識に近づいたといったところか

私はウツ病がどんな病なのかを自分の体験で知った
それは今も学び続けている

この世は何かを学び続けることが出来る
それをするもしないも自分次第

私はそれをし続けようと思う

これは私の直感
まるで野生の勘?(笑

でも、自分が正しいと信じていることをしてもいいでしょう?
常に自分のしていることが間違っていないかを悩み、考えているのだから

後で間違っていたとわかった時にそれは是正すればいい
常に正しいことばかり出来る人間なんていないのだから
間違っていたら、それを素直に認め、正しいと思う方向に修正することが出来るのも人間
だから、自分の直感を信じようと思う

それにその方が何となく心地よい
「やった感じ」がする

自分の生き方は自分で決める
もちろん、要因は周囲の環境や状況に左右されたりする
きっかけが周囲の言動によることも多い

でも、それをするかしないかは自分で決めているのは事実
だからこの現実を受け入れて、自分の行動は自分で決めるのさ

多分、この病を良くする方向に向かわせるにはそれが良いと私は思う
決して、誰かに押し付けられることなく、押し付けることなく、自分で考え、自分で決める


この生きにくい世の中を生きていくためには、時には助け合いも必要
困っている人が居たら、助け合うことも必要でしょう?

誰だって、どうしたらよいのかわからなくなる時はあるのだから
そんな人間のつながりをこの病になって、教えてもらった気がする
もちろん、これからも色んなことを学び続けるのだけれどね


さて...
明日からまた会社が始まる

今週はちょっとしたターニングポイントになりそうな感じ
色んなタスクが始まる

今、私が与えられているタスクが本格的に稼動する
そういう意味では、ちょっとプレッシャーを感じている

でも、会社に行きたくないという感じは無い
それだけもいいのさ

会社にも行けず、外に出ることさえも苦しかったあの2年前に比べたら...ね
生きていることさえもわからなかった、あの2年前に比べたら...ね

この世には色んなカラーがある
色んな感覚があることもわかった

それをどう受け入れるかは自分次第
ただ...
何よりも今、生きているという実感を持てるということが私は嬉しい
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください