この果ての無い迷いの中で

只今、18:00也...

現在、自宅最寄のタリーズ
今日は大事な診察日でした

その前に追加の風景を...
DSC_4091.jpg
ビス


DSC_4095.jpg
赤い道


DSC_4096.jpg
青い道


DSC_4100.jpg
The Bridge


R0032471.jpg
The Bridge


R0032472.jpg
水滴くん


R0032474.jpg
カモさんズ



今日は意外と体調が良かった気がする
朝散歩から帰って記事を書いて一時間ほど寝てた
まぁ、計画的に...ね(笑


仕事は意外とやることがたくさん...
まぁ、今日は月曜日
なんやかんやと色々と書類作成
うーん、中々効率は上がらないナー


あっという間に夕方
いつも通り病院へGo

主治医  :「今週はどうですか?」
いつも通りの主治医の笑顔
ラスカルっ  :「今週は良い感じですね!」
主治医:「そう、それはいいことですね」
にっこりと微笑む主治医
この主治医で良かったなーと思う瞬間です

主治医  :「11月になったら、パキシルを減らしていきましょうね」
ラスカルっ:「はいっその頃にはきっと天候も落ち着いていると思うので」

っということで薬の変更も無し
 アモバン10mg(睡眠時)
 セロクエル150mg(睡眠時)
 ユーロジン1mg(睡眠時)
 パキシル20mg


この体調の良さは多分、朝散歩が良い効果をもたらしてくれたんだと思う
これで晴れていてくれていれば、もっと良かったんだけどなー


さて...
ちょっとウツな私は追記にします

時々、心配になる
今の自分が置かれている状況はホントにいいのだろうか?
っと...

このポジションに居るのは甘えなのではないか?
っと...

周りのSE達はみんな忙しそう
私も同じように忙しくしていなければならないのではないか?
っと時々、妙な考えが出てくる

私は今でもウツ病なのだ
っと自分に言い聞かせても、「それは逃げているだけなんじゃないの?」っと言う声がどこからともなく聞こえる
(あ、幻聴とかではなくてね(^^;)

不思議なもので、自分に対しては妙に厳しくしてしまう
現状に甘んじることが出来ない私

時には自分を許してあげることも必要なのだということをウツ病になって学んだはずなのに...ね

久々にあった同期が居る
もうその同期は課長職なのだけれど、久しぶりに会話した
同期   :「おぉ、久しぶりじゃんw、どうよ?体調は?」
ラスカルっ:「まぁねー、復職してやっと一年3ヶ月ってとこかな」

課長職ともなれば、やはり部下に対して厳しくすることはあるわけで...
どうやら、叱責が元で倒れた部下が居るみたい...

人に対する態度って難しいねーっということで一致
なるよりはならないほうがいい病であることは事実

ウツ病になった者の観点から、何かを言われる時にどういう風に言われるとキツイのか、どういう風に言って欲しいのかを少し意見してみた

少しでも何かの助けになればいいのだけれど...

でも、こういう風に私の声に耳を傾けてくれる人は少ない
そして私のように自分の体験を語る人は少ない


何故、精神的な病の話になるとみんな見て見ぬフリをするのだろう?
やましいことは無いのに、何故、話したがらないのだろう?


別におかしい話をしているんじゃないやい
っと時々思う

これから人が生きていく上で必要な話をしているんだと私は思う
精神的にキツイ
それは誰でも感じること

問題は何故キツイと感じるのかを本人とその周りに居る人が話そうとしない現実
別に「キツイよー」っと訴えてもいいじゃない?
「キツイ」という声をあげることに意味はある

それは仕事に対して起因する問題かもしれないし、組織的な要素に起因する問題かもしれない
それを考えずに要因を取り除くことは出来ない


一人が我慢すれば、解決する問題じゃない
それは多分、誰もがわかっている事実

困ったら助け合うという精神がどこか欠如している現実
ギリギリなところまで行って初めて救いの手が差し伸べられる
救うタイミングはもっと前にあったとしても、気がつけば、救いようの無い状態になっているケースは多々ある

まぁ、それで倒れない人が居るのも事実だけど...ね
それは多分、セラピストが言うとおり、「ウツ病にならないタイプ」の人間なんだろな

でも、別にウツ病になったっていいじゃない?
病であることには変わらないのだから
まぁ、ウツ病になった人間だから言える言葉なのだと思うけれど...ね(笑

でも、それで罪の意識を感じる必要は無いのだ
悪いことをしているわけじゃないのだから


ただ、周囲のSEと同じようにキツイ状況を過ごしてきた者としては、時々、申し訳なく思う
同じようにキツイ状況に置かれているわけではないから
でも、だからと言って、別な意味でキツイ状況に置かれているのは事実だけれど...ね


それを理解するまでは時間を要するだろう
何故なら、忙しい会社の中に居て「私は此処に居てもいいのだ」と実感するまでは時間を要したのはホントだから
でも、それが完全に吹っ切れたわけではない


どこかしらで何かを感じている自分が居る
ほーんと損な性格しているよなーっと自分でも思うさ(笑


でも、多分、私はこうして悩みながら生きていくんだろうと思う
この生きにくい世の中で
人の欠点しか見つめようとしない輩の多い中で
人を認めるということの素晴らしさを知ろうとしない輩が多い中で

それでも、私は自分の信じる道を歩いていきたい
私は私
この道は私にしか歩けないのだから
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください