FC2ブログ

ウツ病である事は言い続けよう

只今、19:00也...

現在、会社最寄のベローチェ
今日はちょっと遅れて出社

ちょっとだけ、私の癒しの場所Part2のお寺さんで少し休んでから出社した
色づき始めた紅葉が、もう秋なのだということを教えてくれる


まずはそんな風景から
DSC_3649.jpg
穏やかな風景


DSC_3651.jpg
木の実


DSC_3655.jpg
カモさんズ


DSC_3653.jpg


DSC_3661.jpg
五重塔


DSC_3665.jpg
五重塔


DSC_3669.jpg
色づき始めた紅葉


DSC_3671.jpg
Green


DSC_3681.jpg
参道


DSC_3683.jpg
ダークとグリーン


DSC_3686.jpg
先にあるのは...


DSC_3698.jpg
色づき始め


DSC_3703.jpg
Red



休憩しながら思った

とある記事に書かれていた言葉
「きれいで上手な写真より、自分が何に心惹かれたのか、なぜそれを撮りたいと思ったかが伝わるような写真を目指す方が楽しいと思う。」

そして写真を撮りながら...色づき始めた紅葉を観ながら思った
これからの私の人生には、こういう風景が必要なのだ...と。

忙しい毎日
殺伐とした会社の中
気を使う人間関係
他人のことを気遣う余裕の無い社会


そんな中において、ふっと穏やかになれる場所が必要なのだ
それはどこでもいい
自分が落ち着けると思う場所が必要なのだ
何故か強くそう思う

少しリフレッシュしたせいか、出社してからは、意外と動くことが出来た
いくつか残件はあるけれど、今週しなければならないことはしたはず

そう感じれるから、多分、大丈夫
まぁ、来週になってみないとわからない不安なこともあるのだけれど...

とりあえず今週は終わった
それでヨシとしよう

少し落ち着いてはいるけれど、ウツな私は追記にします

私はまだまだウツ病なんだなぁと感じた
それは部内のSEさんと議論している時に感じた

うちの部のSEさんは個性的な性格の人が多い
「自分は絶対、こう思う!」
「何故、こうならないの!?」

自分が納得しない限りは首を縦には決して振らない
まぁ、この世の中を生きていくにはそれなりの性根が必要なのかもしれないが...

とあるシステムに関して、説明をして今後の作業に関して意見をもらっている時だった
「私はその意見に同意は出来ない。ラスカルっはどう思うんですか!?」
凄く強烈に聞かれた
その時、ぐさっと胸に何かが刺さった気がした

話している相手は彼自身の仮説に何故、私が同意出来ないのかが知りたかったらしい
自分はこう思うということを誰かに説明し、それに納得してもらうのは難しい

うちの部には、持論を持たない相手には特に容赦の無いツッコミが得意な連中が多いから
いや、それ自体を批判しているわけでは無い(^^;
それは別な意味で良いことなのだから

SEさんと議論して30分
もちろん、お互いに妥協点を見つけながらの議論

次々と出されるアイデア
それを受け入れながら、次の妥協点を見つける作業

時間はあっと言う間に過ぎる
最後にはお互いの妥協点を見つけることが出来たのだけれど...ね

退社してから少し考えた
今の私はウツ病

良くはなってきている
あの暗闇の世界に居た頃とは別人のよう

でも、同じ私
いつまた同じ暗闇に陥るかは誰にもわからない
堕ちるつもりも無いのだけれど...ね

でも、今日の議論を通して感じた
まだ、他人と色々な議論を長い時間行うのは難しいのかもしれない
ただ、それを求められているのは事実


自分がこう思うということを説明し、質問されたらそれに答えることは普通の会話
仕事は会話をしないと成り立たないのだから

そして、自分の意見を相手に主張することは必要な時が必ずある
でも、今の私はまだ自分の持論に対して反対意見を言われたら、負けそうになる
脆いもんだなぁと感じた

今となっては私が「私はウツ病です」と言ったところで信じてくれる人は居ない
そりゃそうさ
見た目も話した感じも普通の人と変わらないのだから

でも、私は「私はウツ病であること」をこれからも言い続けようと思う
何故なら、それは本当の事だから...
そして、ホントにキツイ時に「ウツ病なんです」と私が言ったら「卑怯者」だと言われるから
「ウツ病に甘えてる」と思われるから

決してマイナスな意見としてではなく、「ウツ病でも仕事は出来るのだ」という事を理解してもらうために
健常者の偏見というものはその辺りにも要因の一つがあると思う

ウツ病の人間だって、話そうと思えば話せる
楽しいことがあれば、笑える
悲しいことがあれば、泣く
仕事をしようと思えば、仕事は出来る
それは同じ人間なんだもの

周りにどう思われようが構わない
私は自分が真実だと思うことを口にしよう
ウツ病になった人にはよくわからないこの世界に生きる者として


そしてせめて私の周りではウツ病で倒れる人が少なくなるのを祈ろう
私がウツ病になりかけの頃に、私に「病院に行くと約束しないと俺は今日は帰らないからな!」っと私に病院行きを迫った恩人の先輩のように何か行動を起こせるように

他人のした事を素直に認められるように
自分の選択には自分の誇りをかけて

自分の生き方は自分で決める
誤りがあれば正せばいいさ

間違うことも必要
正しいことばかりをするのが人間じゃないさ
間違いがあれば、素直に認め、それを正せるのも人間

「より良い仕事をして、より良い人生を送りなさい!」
セラピストから言われた言葉

より良い仕事をするには自分を見つめなおすことも必要
より良い人生を生きるには自分をしっかりと見つめる時も必要

絶対という選択肢は無いのだから...
自分で可能性を無くしてはいけない

この私の人生は私が生きているのだから
他の誰にも代わりをしてもらうことは出来ないのだから

関連記事
スポンサーサイト



theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

私も「パニック障害です」と
大体の人には言うようにしています
途中で言うのは狡い気がしてしまうからです

記事とは関係なくなってしまうのですが
こう言う病気って
自信がなくなるじゃないですか
だから
決められたことができた
与えられた仕事ができた
長時間外にいられた事
そういうちょっとしたことを
自信にしたくて
今度バイトの面接を受けてみようと思います
理解してもらえるかはわからないですけど
頑張ります

夜月 夾さんへ

こめ、さんくす♪

そうなんですよねー
>途中で言うのは狡い気がしてしまうからです
確かにそうかもしれません
理解しあうには話し合うのが一番ですから

おぉ!バイトですね
確かにこういう病気は自信をなくしますね
ちょっとした成功体験を積み重ねることですこーしずつ自信というものが出てくるんだと私も思います
バイト、いい試みだと思います
陰ながら応援していますよん♪

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して9年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください