自分にだけはウソをつかないように...

只今、18:00也...

現在、自宅最寄のタリーズ
今日も朝からドタバタ...

まずは今日の風景です
DSC_2574.jpg
Sunrise


DSC_2575.jpg
Sunrise


DSC_2577.jpg
Sunrise


R0032311.jpg
川原


R0032313.jpg
The Bridge


R0032317.jpg
オレンジ


R0032318.jpg
Sunset



今日は大事な診察日でした
「調子はどうですか?」
っとの問いから始まる診察

ラスカルっ:「ちょーっと身体がダルイですね。多分、季候とパキシル飲み始めたからかなと思ってます」
主治医  :「そうね、明後日あたりからまた天候が変わるからね」
ラスカルっ:「激しく気落ちはしていないので、まぁこんなものかなとも思ってます」

優しく微笑む主治医
でも、まぁ様子をみましょうということで薬の変更は無し
 アモバン10mg(睡眠時)
 セロクエル150mg(睡眠時)
 ユーロジン1mg(睡眠時)
 パキシル20mg


やはりパキシルを飲み始めてから3日目くらいから身体のダルさが顕著になってきた
主治医にも聞いてみたけれど、そういうものらしい
まぁ、そうなんだろなーっと予想していたので合っててちょいホッとした

ちょっと迷いましたが、ちょっと周囲の環境が騒がしくなってきていることも話してみた
ちょっとキラーンと主治医の目が光ってたけどね


詳しくはウツな私なので、追記にします

「私はウツ病です」
このセリフをみんなの前で何度、繰り返し言ってきたことだろう

自分がウツ病であることを言うことに躊躇いはマジに無い
でも、私が言いたいことは別のこと

「ありがとう」と言われるためにはどんな事をすればいいのだろう?

と思いながら最近は仕事をしている
誰に対して仕事をしているかということも大事なのだけれど、一体「ありがとう」と言われるためにはどんな風に仕事をすればいいのか?
それが常に頭に思い浮かぶ

「ありがとう」という言葉は仕事ではあまりもらえない
でも、「ありがとう」と言える人は「ありがとう」と言ってもらえる機会が多いと思う

人に感謝出来るということは人を認めることが出来るからだと私は思う
人を認めることが出来るということは自分のことも認めることが出来るのだと私は思う

そして仕事は誰かからの「ありがとう」をもらうために行っているものだと私は思う
決して「怒られないために」仕事をしているわけじゃない
私はそう信じている

ここ最近、周囲がかなり騒がしい
その原因はパワハラな部長様の言動に起因するのだけれど...
部内のみんながマイっています

うちの課長も例外なくマイっています
観ていてハラハラするくらい、マイっています
そのうち、倒れるんじゃなかろうか?と心配になるくらい...

既にウツ病の予備軍は私が数えても数人は居る
まぁ、実際にウツ病で倒れるかは本人次第ではあるんだけれどね

でも、毎日、そんな戦場なのでそれを目の辺りにしている私にも影響が出てきている
それは確かなこと

2年前、仕事のプレッシャーで倒れた私
要因はいくつかあるのだけれど、このパワハラな部長様が怖かったのも一つの要因
その頃よりも何だかパワハラな言動がパワーアップしている気がする
誰に聞いても同じことを言う

先輩は言う
「あの人は間違ったことはしていないのだけれど、言い方がね...人の人格を否定する言い方をするから」

私もこの部長様のしている事は間違ってはいないと思う
私がウツ病で倒れた時にわざわざ私の住んでるところに来て「お前は必要とされてるんだから戻って来い!」と言ってくださった人柄は信じる
それがパフォーマンスだったとしても...ね

でも、その頃よりもモノの言い方が酷くなった
聞いていられないくらい酷いときもある
まぁ、大体、そういう言い方をするときは聞こえない場所で個別にしているみたいだけれど...

ただ周囲の人間がかなり恐れているので、それを感じてしまう
常に部内を監視しているような感じ

みんな何か言われないかといつもハラハラしている
何だか恐怖で支配されているような感じがしてならない


ただ、ウツ病になって会社の中では底辺を彷徨っている私は何も失うものは無いのだろうなと思う
もちろん、口答えするつもりは無いさ

私に出来ることを全力でするだけ
自分がする仕事に関しては、いつもゴールがどこかを課長に聞いたりしながらしている

間違っていた時はしょうがないさ
私が今、恐れているのは私の周りで誰か倒れないだろうか?ということ

ウツ病を知った人間としては同じような状況になって欲しくない
あの暗闇を知るにはリスクが大きすぎる
だから私はみんなの前で言い続ける
「私はウツ病です」
とね

ウツ病でも出来る仕事はあるのだと知ってもらうために
ウツ病でも会社に来られるのだと知ってもらうために
ウツ病でも話せるし、笑えるのだということを知ってもらうために


だからどんな目で見られようと構わない
ただし、私はまたウツ病が酷い状況を再発することだけは避けねばならない

そのためならば、病気だって盾にするさ
人として生きるために

この疑心暗鬼な会社の中で信じられる人間はホントに少数
愚痴を言ったらいつの間にか「アイツがこんな事言ってた」と噂されてしまう世界
それが公になるとイジメに発展するから

でも、私は自分にだけはウソをつきたくはない
この自分を信じている

だから魑魅魍魎がたくさん居るこの会社の中で、ウツ病でもこうして生きていられる
そんな気がする

自分の気持ちにだけは正直に
自分だけは裏切ってはいけない
あの暗闇に戻らないように
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください