やる気の起きない病

只今、18:00也...

現在、会社最寄のベローチェ
なーんだかやる気が起きません

まずは追加の風景から
DSC_8733.jpg
コサギさん


DSC_8750.jpg
The Sky


DSC_8751.jpg
川原


DSC_8752.jpg
水滴


DSC_8757.jpg
オレンジ


DSC_8763_20100723053158.jpg
オレンジ


R0031798.jpg
Blue


R0031805.jpg
Sunset



今朝はせっかくコサギさん見つけたというに、写真撮るのに失敗したっけなー
ブレるブレる...


でも、オレンジ色の空は美しい
光る水滴もキラキラとしていた


会社の中は暑い
冷房が効かないのですよ、うちの会社...

暑いよーっというと余計に暑苦しいので、言わなかったけどね

さて...
ちょっとウツな私は追記にします

梅雨は明けた
でも、それに増して、暑くなった...


この暑さは身体の体力を奪っていく
去年もこんなに暑かったっけ?
ってか去年の今頃、何してたんだっけ?

遠い記憶の彼方に埋もれた何かを思い出そうとしても思い出せない
何だかなー...

時々、自分が何をしたいのか、わからなくなる
何をしているのか、確かめたくなる私が居る


暑さのせいでボケたか...
でも、ウソのようでホントの話

毎日、恐れていることがある
見た目、どうしても「ウツ病に見えない私」だから思うこと
いつ、またSEに戻れと言われやしないかということ

うちの部内では、言葉の暴力は相変わらずあちこちで続いている
それを誰も悪いとは言わない

(まぁ、私も言わないけどさ...)

それを「指導」と言う人もいれば、「ワガママ」という人もいる
この世は社会的弱者にとっては生きにくい世の中
声の大きい者が得をする世界


そして、うちの部署にいる誰もがその人と同じ境遇に陥らないとそれを「卑怯」「怠けている」と言う

うちの会社には、ありのままの私で話せる人は居ない
私を人として「対等」と観てくれる人は居ないからね
自分にとって、「得になる人」か「損をする人」かという価値判断で人を見ている傾向がとても強い

セラピストは「時には鎧を纏うことも大切よ」という
今日、纏った鎧は重すぎたな...

その鎧も月曜日から金曜日に向けて、徐々に重くなる気がする
土日で少しでもその鎧が剥がせるといいのだけれど...
中々、そうもいかないね

私は何を望んでいるのだろう?
この偏見に満ちた会社の中で「偏見の無い」世界になることを望んでいたことは確か

でも、そう簡単にうまくいかないことも徐々にわかってきた
それは健常者からみたら「メンタル的に弱い人は、早く健常者のレベルに追いついてね」と観られていることがわかってきたから

私の目は健常者のレベルとは違う
(まぁ、逆の意味で私が偏見の目を持っているとも言うか...)
でも、それは上から目線でも無く、下から目線でもない違う世界から見ている目

生きている世界が違うんだなーっと最近は思う
いくら私が違う世界のことを説いても、それは理解がされないのは当たり前
いくら健常者の世界の言葉で話そうとしても、それは結局、健常者から観た偏見のある世界の言葉で話さないと通じない

それは今の私にとっては苦痛だということもわかってきた

だったら、話さないことも一つの手
あ、もちろん、仕事の話はしますよ

ただし、みんなが私を仕事の面でどう見ているかは正直わかりません
「ラスカルっは今、どのくらい仕事がデキルのだろうか?」
「ラスカルっにこんなことを言っても、メンタル的に大丈夫なんだろうか?」

っと思われながら、話されているのもわかってきた

そんな中、ありのままの自分で居ることというのは難しいもんだね
だからといって、鎧を纏ったままというのも疲れる
それが何となくわかってきた一週間だった

結局、みんな自分自身が壊れてみないとわからないんだろうな
健常者と話をしていて、私の居るその世界は知りたくないという想いと、そうなったら人生は終わりだという感情が混ざっているのを時々感じる
話している私が疲れてしまうくらい、ベクトルは合わない

何だかなー
だから、ウツ病になる人が減らないんだろうな...とも思う

うちの部署にも予備軍は既にいる
それくらいは私にもわかるさ

みんな何かの仕事を誰か(後輩、先輩問わず)に依頼する時にその人を「使う」と言う
人は使うものなんだろか?

確かに会社にとって、人は資源であることには変わらないのだけれど...
人が「人を使う」というのは、今の私にはちょっと受け入れがたい感じがする
そこにはお互いの成長を求めてもいないし、感謝の言葉も無い


あ、だからといって、この会社を辞めるなんて気概は持ち合わせていませんから
今の私は何とかこの世界で生きていかなきゃならない

それは重くのしかかる事実
もちろん、放棄することも時々、頭をよぎる

死にたいというわけじゃない
ただ、死という感じは常にあるということだけ
そして、それは怖いものではないということ

人が人として生きていくには何が必要で何が必要じゃないんだろう?
なーんて小難しいことを時々、考えたりする

朝のラッシュに巻き込まれないように早めに電車に乗ってる
誰も活き活きとした目をしていない
死んだような目つき

確か、休職中や復職した当時、それを観るのが凄くイヤだった
でも、今の私も朝は死んだ目つきをしているんだろうなーっと朝、思いながら今日は電車に乗ってた

人は常に何か変化を求める
人は進化出来るものだと信じてる
何かを追い求めることが出来ると信じてる

きっと今の私は何かが物足りなくなってきているんだろうな
その何かがわからずに右往左往しているんだろう

変化をもたらすきっかけは転がっているけれど、今の私はそれを拾う気力が無い

でも、またいつかその気力が出てくることを祈ろう
今は体力、気力を何とか取り戻すのが先決
何をどうすれば、それが取り戻せるのか、わからないけどね


きっとこれは「何か一つのことが解決すれば、全てがうまくいくもの」では無い
少しずつ何かを積み重ねながら、気がついたら、レベルが上がっていたというものだと思う
これはウツ病で倒れて、一年間、休職して、復職してきた自分の経験から...

今、この苦しみはいつか役に立つ時が来ると信じよう
そうじゃなきゃ、やってられないや
(っというのが、本心でもあるかな)

今、何かを焦っても、いいことなんて無い
今はとりあえず、何かに流されよう

何かに追われる前に...
自分を傷つけやすい私から逃げるためにも...
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください