ウツ病と健常者の隔たりってどのくらいあるんだろか?

只今、18:15也...

現在、会社最寄のベローチェ
やっと一週間の終わり

昨日よりも少しだけ体調は楽かなー
でも、やはり疲れてます


さて...
今日の風景です
R0031734.jpg
White


R0031735.jpg
ひまわり


R0031740.jpg
Morning


R0031752.jpg
Sunset


R0031761.jpg
Sunset



雲がちょっとあるけれど、晴れています
やはり晴れていると、体調が少しだけ良い感じがする
不思議なもんですね


なーんとなく...
居場所がないなーという日々を送ってますが...
未だにモヤモヤーっとしてます

そーんなウツな私は追記にします

ラスカルっ :「いやー、ダルいなー」
隣の後輩D君:「どーしたんですか?」
ラスカルっ :「いやーこの時期は梅雨だからねー」

っと何気ない会話...
でも、何となく感じてしまう...

「この人は今、どんな状態なのか?ちゃんと働ける状態なのか?」
っと推し量るような気配を...

疑いすぎと言えば確かにそうなんだけどね
でも、うちの部署にいる輩は大抵、頭の回転は速い

うちの部署にいる輩の多くは、その人にとって、「使える人間」なのか「使えない人間」なのか?
っで推し量る傾向が強い

まぁ、ここでいう「使える人間」=「うちの部署に居てもいい存在」と思われる傾向が強いのでね
そして、その対象は先輩、後輩、関係ない
まさに下克上だからね

自分の持っている技術は敢えて公開しない
その人に聞きに来いっという上から目線だし...
まぁ、会社の中で生きる「企業人」には必要な処世術なのかもしれないけど...

でも、話す人みんなが同じような態度を取るのが、ちょっとイタイ
腹を割って話せる人は居ないに等しい


そしてみんな陰口だけは得意
最後には必ず「あの人はいい人なんだけどね」っと付け加えるのを忘れない

人には良いところ悪いところもあるから、人間なんだろー?って思いながらいつも聞いているけれど...
そして腹の探り合い...
正直、そんな会話は聞いていて疲れる
これは、私でどうにかなるレベルじゃないなーっと最近は思う

時々、思う
「ウツ病で一年間休職して、復職して一年経った私をみんなはどう見ているのだろうか?」
っという単純な疑問

この魑魅魍魎が跋扈する中、どんな風に見えているのだろうか?
私にはそんな健常者と同じように、化かしあいながら、生きていくのはムリ
疲れてしまうから

この疲れもその辺りから多少は来ているんだろうな
まぁ、誰に聞いても、ストレートな意見は返ってこないのは間違いないけどね

先輩の数よりも後輩の数が多いしね
誰も先輩に対して、何かマトモに意見するような輩はいないさ
みんな、意見した結果、自分を追い越されるかもしれないという不安を抱えているからね

人を思いやる
他人を受け入れる


人間として生きていく上で必要だと思うことがまかり通らない社会
自分がどんなに優れているかを常に強調する社会において、自分を誇示できるような術を持たない私は弱者だ

でも、弱者と見られてもいいけどね
人として生きていけるならね
今の私は周りの健常者の考える常識とは異なる世界に生きているから


ウツ病になってみて、生涯において初めて人間が生きていく上で何が大切なのかを学んできたような気がする
でも、その学んだことは、健常者の世界では受け入れがたい事なのだっということも復職してみて、突きつけられている
多分、今はその狭間にいる

何かを掴みたいのだけれど、暗中模索といった感じ

もどかしい...
これから何をしたら、いいのだろうか?
どうやって生きていけば、いいのだろうか?


っと、また答えの無い疑問を一人繰り返してます
底が無いね...

私には何もない
何かに対して強みとなるようなものは何もない

休職してみて、それはよくわかった

情報を持っている人ほど、権力が強い
とはよくいう言葉だけれど...
情報ってのは蓄積された知識が役に立つモノに変わって初めて、効力を発揮するんだろーなー

そういう意味では、ウツ病になって、私が「蓄積してきた事」が幻想だったことに気づく
それにウツ病になる前のことなんて、大抵のことは忘れているから
もう2年も前のことを「教えて!」っと言われても、わからないよー
冗談交じりなら話せるけどさ

だって、思い出せないものはしょうがないでしょー?
私がしている仕事は2年前とは全く違うんだもの

でも、少し冷静になってみると、何となく感じる
「これからどうやって生きていこうか?」
っと考えられるレベルまで、自分は来ているのだということ


状況に応じて、対処を変えていくことが求められる社会
ウツ病が酷かったころの私は、周りの状況、環境を見る余裕は無かった

底の知れない暗闇の中に居たじゃないだろか?
それに比べたら、今は何かを考える余裕があるじゃないだろか?

ふと、そんな事を考える

周りの環境が許してくれるなら、もう少し時間をもらおう
私の周りの健常者は決して「こういう風にしていったら、いいんじゃない?」っという人は居ない

自分から率先して、何かを推し進めるのが「当たり前」の世界だからね
「自分の考え」を持って行動するのが「当たり前」の世界だからね


右も左もわからず、右往左往しているウツ病の私にかまっている暇は無いさ
「あの人は今の環境に甘えてる」
っといくら思われてもね

そういや、隣の課の後輩D君が言った言葉がちょっと心に刺さった
「仕事が要因で精神的な病になった人に対しては、「可哀想だな」と思いますけどね」

そーなのか?
私は「可哀想な人」なんだろか?

あ、決してひがんでいるわけじゃありません
多分、健常者からしたら、他に言葉が見つからないから「可哀想」という表現になるんだろうからね

私は自分のことを「可哀想」とは思っていない
(以前にどう感じていたかは忘れているけれど、少なくとも今は自分のことを「可哀想」だとは思っていない)

苦しみを感じるレベルが多分、違うんだろう
何に対して、「苦しんでいる」のか、それがちょっとずれているんだろう


今の私は一体、どれだけ健常者のレベルに近づいたのだろうか?
多分、ウツ病になる前の私と同じように考え、行動することは出来ない

それは認識はしている
ただ、多分、私自身も理解は出来ていない


だから、ムリをしてしまう
それを求められているわけでも、求めているわけでも無いのにね
きっとそれが、今、私が苦しんでいる疑問の根源

そして、今の私ではきっとその答えは見つからない
それも何となく漠然と感じる

ウツ病になってみて、人として「生き方」を変えることを求められた
これは私の人生において、初めての出来事
手探りになるのもしょうがないさ

ただ、長い人生において、この時期にウツ病になったのには、きっと何か理由がある
その理由は後付けになるんだろうけどね
それでもいい

人間は必ず進化出来ると信じているから
何かを感じ、何かを考え、何か行動を起こせると信じているから
小さな歩みでも、振り返れば、長い道を歩いてきたことになるのだから


この歩みは止めてはいけない

何故かそんな気がする

そして...ふと思う
周りの健常者が「企業人」であるとしても、変わらないだろうと思うこと
それは「感謝する」事が出来る人間は「感謝される」人間になるんだろうということ

感謝することの大切さを知っている人は、どこかで誰かから感謝されているじゃないだろか?と思う
それはウツ病であろうと無かろうと変わらないだろうと心のどこかで感じている
私も感謝する事が出来る人間になりたいもんだ

明日から3連休
明日はバレーボールの練習
うちの子供を練習に連れていく予定

色んな世界を見せたいからね
「ママと離れたくないから、絶対行かない」
っと泣いてたけど、さてさて、明日はどうなることやら

何かを考えていてもしょうがないな...
時には何も考えない勇気も必要だな


うん...
とりあえず、一週間乗り切ったことに満足しよう
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください