モハメド ライブ報告&ちょいヤバイ私

只今、18:00也...

現在、会社最寄のベローチェ
何だか会社を出てから急激に疲れが襲ってきました

理由はわかってる
だけど、ウツな私なので、追記にします(たぶん、長々と書きます)


その前に先日(4/16)行われたモハメドのライブ報告から
DSC_9688_20100425214739.jpg
モハメド


DSC_9431.jpg
モハメド


DSC_0128_20100425214738.jpg
漱石さん


DSC_9286.jpg
漱石さん


DSC_9011.jpg
ワタルさん


DSC_9967.jpg
ワタルさん


DSC_9067.jpg
ドーナッツさん


DSC_9880.jpg
ドーナッツさん


DSC_0026_20100425214742.jpg
モハメド


DSC_9249.jpg
モハメド



彼らの音楽はいつ聴いても気持ちがよい
演奏している彼らは楽しそう

そして、必ず「一緒に楽しもう!」と観客を引き込む
テンションの高い曲からスローテンポな曲まで

ステージ上で身体を揺らしながら、ところ狭しと動き回る
今回はワタルさんの髪の毛が印象的でした(^^;

その日も多くのバンドが演奏していたけれど、やはりモハメドが一番だったなー
まぁ、その辺りは個人差出ると思うけれど...


でも、彼らが演奏し始めると熱気が上がるのは事実です
彼らの演奏を聴いていると元気が出てきます
ステージ上の彼らは輝いています


そしてステージを下りた彼らは真摯な態度で接するので良いですね
屈託無い笑顔で話す彼らはホントに楽しそう


毎度、写真を撮らせてもらいながら、元気をもらうラスカルっです
6月にミニアルバムを出すそうです
そして、全国ツアーも企画中だそうで
良いですね
まぁ、さすがに全国まで追いかけていけないけど(^^;

でも、東京で公演するときは行きたいなーと祈るラスカルっです

さて...
震えも少し収まってきました
そんなウツな私は追記にします
さて...
今日も楽しく?会社行ってきました

打ち合わせという名の不毛な会議が一つ...
大した会議ではありません

まぁ最後の方で「ラスカルっ、これ、やってみる?」的な話題も出ましたが...
即行、却下しました
とても、そんな気分じゃないやい

その理由は今、抱えている部内のホームページリニューアルの目処を立てたいからというのが一つ
それは私にとっては楽しい仕事だから、いいんだけどさ...

今日、はっきりと感じた
部長様のパワハラ発言が私に多大なる影響を与えていることが...
打ち合わせから帰ってきて、すぐに課長連中が収集かけられ...

「お前ら、これ、絶対間違ってるよ
「何やってるんだよ
「あ”あ”?それどういうことだよっ


っと連発...
健気に応える課長群と一部の担当

でも、その打ち合わせ、私の席のすぐそばの打ち合わせコーナーで行われているのです
否が応でも部長様のパワハラ発言が耳に入ります


そんなガヤガヤとした声を聞いているとこっちが滅入ります
いつまた、私にそれが向けられるのか
そんな不安ばかりがよぎります


「ラスカルっに対して言ってることじゃないからね」
っと仲良しの派遣さんが言ってくれたけれど、自分を抑えるのに必死でした
復職して初めて、震えと強烈なめまいを経験しました

マズイなー
っと自分でも危険信号


っというわけで只今、ベローチェ
少しだけ、落ち着いてきました

でも、これがしばらく続くのです
私に向けられた言葉ではないにせよ、それが私に与える影響は、かなり大きいことを実感しました
これは主治医やセラピストにも相談していますが...


でも、私がそういう声の捉え方を変えていくしか道はなさそうです
もちろん、部署の配置転換などの考えはあります
でも、そうそうすぐに実現するものでもないのです

マズイですね

今は何をどう考えたらいいのか、自分でもわからなくなってきています
イヤだなーっという考えしか浮かびません

パワハラ発言する部長様は私がそうした事を考えているなど、そーんな事はまったく考えてはいないと思いますが...
でも、イヤなものはイヤなのです
受け付けません
身体が拒否しています


「ラスカルっは体調どーなのさ?」
喫煙室で私の研修担当だった先輩から聞かれた言葉
ラスカルっ:「薬はやっと半分になってきましたけどね」
先輩   :「良くは、なってるんだ。見た目、全然、研修時代と変わらんけどな」

にゃはは...
そりゃそうでしょう
見た目ではわからないくらいに今は回復してきてますから
だから、会社に復職したんですよー

っとは心の中の声...

でも、その先輩も私がまたSEとして復帰することをどこかで願っているようでした
もちろん、「もうSEは無理でしょうね、ストレスがかかりすぎる」と言ったらうなずいてはいましたけどね

でも、その先輩の課でもウツ病で倒れている人間が居ます
昨年の新人君
6月に復帰予定らしいけれど、先輩も詳しいことはわかっていない
いや、正確には気にかけていないように見えた

会社なんてそんなもんです
っと言ったら悲しいですけどね

でも、みんな自分のことで手一杯なんですよね

悲しいけれど、それが現実

そうであって欲しくないけれど...

どうしてこう人は他人のことを気遣えないのだろうか?
っと時々、思う

時には傷つけてしまう、傷つけられてしまう
けれど、それは話せば理解しあえることだと信じてる


でも、同じ会社の人間、同じ部署の人間として、どうして気遣うことが出来ないのだろうか?
っと不思議な気分になります

ここは私の居る場所じゃない
っとさえ今日は思いました
いや、正確には居たくない...かな

会社はそうした人間に対しては冷たい
それは休職したときに初めてわかった

個人としては気遣っているつもりでも、会社としてみた場合、大抵は冷たい対応をする
今も休職中の人間が私の部署で2人居る

無事に復帰してきてくれればいいんだけれど...
ウツ病で休んでも復職できることを私が証明したい
っという想いはある

まぁ、そんなに意気込んでいてはいけないんだけどさ
でも、毎日のように繰り返される部長様のパワハラ発言は耳がイタイ
耳栓があれば、耳をふさいでいたい


今、やっと震えはおさまってきました
でも、汗びっしょりです
イカンですね

明日からがちょい心配です

そういや、今週からGW期間が始まるので、木曜日は会社はお休みだったにゃ
仲良しの派遣さんに言われるまで気づかなかった...

なーんも考えてなかったヨ
一つ歳をとることもね

でも、このパワハラ発言をどう処理したものか...
自分でも今は考える余裕が無いんだろな
なーんにも浮かばない

何かにプレッシャーを感じているんだろう...
と思うけれど...
でも、それはウツの要因に直に向き合うこと
それはかなりシンドイ
いくら回復してきていると言っても、この状態はかなりヤバイ

っと自覚してます

かと言って、解決策も見つからない
まぁ、総務に訴えてもいいんだけれどね
課長に言ってもいいんだけれどね
でも、改善されないのは目に見えてるから

「時間が解決するさ」
っと課長は言うだろう

総務が動いたからといって、変わるものではない
相手は部長様だからね
外にはそ知らぬ顔をして、中ではどうにでも出来る

この部長様のそういうやり方を今まで見てきたからね

だから、敢えてこの逆境を何とか乗り越え必要がある
そんな気がする

「その部長は部長以上にはならないでしょうね」
っとは私のセラピストの言葉

だからこそ、セラピストは私に「部長様に従って、企業人として生きるか?」「人間として生きるか?」を選択しなさいと言ってくださったのだ

私は「人として生きたい」

以前、統括部長だった方は社長になられた
社員の一人一人に目をかけ、時には厳しいことをおっしゃる方だったけれど、私にも気さくに声をかけてくださる優しい方だった

人の価値というものは決められないというけれど...
役職が高い方はやはり人の器が大きいものだと思う
(もちろん、色んな会社があるので、必ずしも...ではないけどさ)

でも、人を大事にする会社でありたいと思う
ウツ病だからといって、精神的な病を抱えているからといって、身体的な障害を抱えているからといって、偏見の無い会社で働いているという実感が欲しい

私の周りは偏見だらけ...
一見、理解のある課長ではあるけれど...
実は怠っていることがあることも私は知っている
だからといって、非難はしません

課長も人間ですからね
それにあの部長様に一日中、つきあっていれば、否が応でも現実逃避したくなって当然というものです

今度、課長にそういう声を交わす術でも伝授してもらおうかしら...
っとマジに悩んでいるラスカルっです
関連記事
スポンサーサイト

theme : 不安定な心
genre : 心と身体

comment

Secret

ちょっとキツイですね・・・

れもんです。
部長さんの声が心に影響を与えてしまうこと、仕方がないと思います。やはり、いつ自分に向けられるか、そのとき自分が納得のいく対応ができるかどうか。その自信が得られない限り、恐怖心(といってもいいのかな?)は消えないような気がしますねぇ・・・。

私も一時復職していた頃は、窓口に現れる方々や電話での怒号や苦情にビクビクしていました。それは、少しずつ自分の仕事に自信が持てるようになるに従って消えていきました。
そういうものなのかなって思っています。

でも、上司の方との相性って大事ですよね。
自分だって完璧に仕事ができるわけではない。
何か問題が起こったとき、後ろ盾となってくれる方がいるかいないかで、普段の気分が大きく左右されると思います。

こればっかりは、どうしたらよいものやら・・・。

ラスカルっさん、職場から出たら仕事のことは忘れて、上手く気分転換しましょうね。って、とても上手に気分転換されているようにもお見受けしますが^^

今、うちのダンナさんが毎日22過ぎまでサービス残業で、週末も職場に出かけるような日々が続いています。
2人して鬱病にならないように、私自身の経験を活かして気をつけていかなければ!^^

れもんさんへ

こめ、さんくす♪

にゃはは…
気分転換は中々簡単にはいかなくなってきてますねー
特に部長様がきてからは!
何とか手段を見つけたいなーとは思ってますけどね
でも、れもんさんのアドバイス通り、何か自信につながることができれば、恐らく少しずつ改善していくのかなーとも思っています

パワハラ部長になんか負けてらんなーい!
っと心の中でつぶやいてます
でも、身体は正直なもので、震えとめまいだけは止まりませんね

だんなさん、サービス残業ですか!?
れもんさんが癒しの場になれるように祈ってますね
私が言うのも何なんですが、無理しないようにしましょうね(^^;
あぁ、いかん…寝なきゃいけないのに、中々寝れません
えーん…

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して8年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

blogram
あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください