FC2ブログ

色んな意味で...

只今、18:50也...

現在、自宅最寄のタリーズ(笑)
今日はなじみの店員さんも居て、ちょっとテンションの高いラスカルっです♪


まずは追加の風景から...
今朝の風景です
今夜は満月らしいので、帰りに撮って帰ります...
いや正確には撮りながら帰ります
DSC_2013.jpg
梅の見ごろ…


DSC_2008_1.jpg
Yellow


DSC_2005_1.jpg
ハトさん


DSC_1987.jpg
朝焼け


DSC_2023.jpg
White&Purple


DSC_2022.jpg
Yellow?


DSC_2021.jpg
Rose


DSC_2019.jpg
春~



今日は友人の結婚式に出席してきました
私が所属しているママさんバレーボールの一人が結婚されたのです

かなり時間ぎりぎりになってしまい、大慌てでしたが...

でも、出席して、たくさん写真撮ってきました
後で画像を贈ってあげようと思う


素晴らしい結婚式でした
多くの人が祝福して、満面の笑顔の主役二人は幸せそうでした
つい自分の結婚式の時のことがよぎりました


そんな中、色々と考えたことは追記にします

今の私は幸せなのだろうか?
私の幸せはどこにあるのだろうか?


っとちょっと自問自答していました
結婚する二人を見ていて、「お幸せに!」っとみんなで投げかける言葉
かつて私もそうやって祝福してもらいました

結婚して早8年か...
自分がウツ病になるなんて思ってもみなかった
(あ、決して卑屈になっているわけではありません)

一人で居た頃から、どんな環境でも馴染みやすい性質でした
新入社員の頃、親会社に出向して、仕事のイロハを叩き込まれ...
自社に帰ってきてからも、自分の持てる力を少しずつ増やしてきた


SEという職種は華やかに見えるけれど、内情は結構、過酷です
(うちの会社だけかもしれんが...)

残業は当たり前
時には徹夜も何度も経験してきました


お客様のところで頭を下げ、自社内では、与えられた仕事を完遂するために様々な部署と調整に走る毎日
それが当たり前だと思っていた

ただ、私にとっては許容範囲を超える仕事量が与えられ...
上司、先輩、後輩も手を差し伸べてくれない

(っと勘違いしていた部分はもちろん、あります)

そうやって、孤独感に悩まされ、眠れなくなり、私はウツ病を発症しました
もちろん、要因はそれだけではありませんけどね

でも、きっかけは仕事
「もっと早く打ち明けてくれれば...」
当時の上司の言葉です

でも、私も精一杯、上司には「お手上げ」サインを出していたつもりです
私のサインの出し方が悪かったのも事実
でも、そのサインを読み取れなかった上司にも責任はある


ただ、私にとって幸いだったのは、私のサインに気がついてくれる先輩が居たこと
そして、この世界に踏み入るのを後押ししてくれた言葉が無かったら、今の私は居ないでしょう
その先輩には今でも感謝している


ウツ病は死と隣り合わせ
それまで死を意識したことはあまり無かったと思う
でも、ウツ病をきっかけとして、死を意識するようになった
それは時にはマイナス面として作用することもあり、プラス面として作用することもある

ウツ病になる前は仕事が忙しく、徹夜が続いた時や仕事量がかなり多かった時に「もう死にたいなー」なんてつぶやいていた

でも、今の私からしたら、それは間違った解釈...
自分の力の限界を超える仕事を常に与えられてきた

4,5年前は一年を通して考えたときに、少し休むゆとりの時間があった
忙しい時期とあまり忙しくない時期があった
けれど、2,3年前から急に次から次へと仕事が増えた

それはお客様が増えたこともあるかもしれないけれど、何かを検討する、提案する、何かの作業を行う過程において、必ず確認する項目が増えたことにも関係がある

何かミスが発覚したら、是正処置を取ることを要求される
それは確かに当たり前なのかもしれない

けれど、自分の仕事量を逆に増やす結果となって返ってくる
効率化も何もあったものでは無い

私はそれをマトモに受け取って自分の仕事量を増やしていた
デキル先輩、同僚、後輩はその過程のプロセスを適当に、はしょったりして、何とか仕事をこなしてい
それはそれで「正しい」と認めていた文化がうちの部署にはある
結果が全て

うちの部の当時の上層部はそういう考えを持っていた

利益を追求する会社としては当然なのかもしれない
その中で幾人か、恐らくウツになり、会社を去っていく人を見かけるようになった
まさか...という人が居なくなったりもした


そして、そのまさかの一人に私自身がなった時、私は怖かった
会社からの評価、カミサンからの評価が下がることに恐怖を感じていた


でも、私は自分から言った。
「ウツ病にかかりました」と。

そして会社を休むことを私が選択した

それまで、何とか順調に来ていた私の生活は音も無く崩れ去った
後に残るのは今まで経験したことの無い暗闇

その中を生きねばならなかった
逃げたかった
逃げるにはどうしたらいいのかを考える日々が続いた

抗ウツ剤の副作用
ウツ病の症状で寝れない毎日
とりあえず会社を休みます宣言をしてからも、会社を休むことに恐怖を感じていたあの頃

今では、もう詳細に思い出すことは出来ない

でも、一つだけ確かなことがある
人はそう簡単には死ねない
けれど、死は常に隣り合わせにあるのだ

もし、自分が死んだら、どんなに楽だろう?と考えない日は無かった
今でも時折、その考えが過ぎる

雇用が不安定なこの世の中
給料も少ない
でも、税金は増える一方
毎日、聞こえてくる話は暗い話題が多い

この先に一体、どんな未来が待ち受けているというのだろうか?
自分の子供の寝顔を見ながら、いつも思う

この子はこの先、どんなことを経験していかねばならないのだろう?
私には親として、この子を守る責任がある
私がこうして結婚して子供を作って、暮らしていけるようになるまで、心配してくれた私の親のように
(まぁ、今でも親は心配しているようですが)

でも、時々思うのです
私は別にどうなってもいいと...
本当に死にたいという感覚を経験したせいで死に対するハードルが下がっているのでしょう(セラピスト談)
それでも、私は生きている


今日、友人の結婚式を見ていて感じた
幸せはどこにあるのだろう?
このウツ病の私の幸せはどこにあるのだろう?


わからない...
けれど、きっとそれは今、見つける必要は無いのだろう

それを求めてしまうのは私の性格なのかもしれないけれど...
きっとどこかで探しているけれど、意識する必要はないだろう
見つけようと思ってもきっと見つからないものだから

それにきっと幾つかの幸せは得ているのだ
ただ、それに気づかないだけ
自分のアンテナがその方向に向いていないだけ


前回のカウンセリングでは「レセプタ」という概念をセラピストから教わった
(レセプタを持つこと)

ウツ病になった私はさらに感受性が強くなったのだろう
セラピストはそれを「感性」と呼んでいるけど...


頭の回転も速くなりつつある今、さらに感性に磨きがかかるような気がする
それを良い方向に持って行きたいと思う

自分を褒めるのは苦手
でも、認めることは出来るはず...
あの何も無い暗闇の世界に居た私がここに居ることはそうやって、自分を認めてきたおかげでもあるのだから

今日はちょっとお酒を飲んでいるので、つらつらと書いてしまったな(^^;
まぁ、いつか読み返す日も来るでしょう...

さて、まだタリーズに居るけど...
(誰か来る?(笑))

もう少しゆっくりとして...
月でも撮りながら帰ることにしよう
関連記事
スポンサーサイト



theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

満月

今宵の満月は光輝いていました。
その近くで星も瞬いていました。
綺麗な夜空でした。

自分はshinzy1972さんのように、相手に上手に自分の気持ちを表現できないけど、だからこそshinzy1972さんが自分の事(もちろん仕事は全く違いますが)を述べてくれてるような気がして。
モヤモヤしてる、まとまらない頭をまとめてくれてます。

yasswyさんへ

こめ、さんくす♪

そうですね、今日の満月は、かなり綺麗ですね!
私も見とれてました

人はそれぞれ違うように表現の仕方もそれぞれ異なると思います
yasswyさんにも自分を表現できる分野が必ずありますよ

それに私のブログを読んで、ご自分の考えがまとまると伺って、大変嬉しいです♪

No title

こんにちは☆

30日の満月は、今年一番、大きく見える満月だったそうですよ(*^-^*)
とても綺麗な月でしたね☆
夜、外に出たらあまりに空が明るくてびっくりしました。

かるたas姫さんへ

こめ、さんくす♪

コメ返し遅くなってごめんなさーい

満月、凄かったですね!
月の美しさに酔いしれた一夜でしたね
今年はあともう一回、同じような満月が見られるそうですよん♪

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して9年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください