FC2ブログ

自分を見つめ始めるきっかけ

只今、18:10也…

夕焼けを撮りに行ってきました
まずはそんな風景から…
DSC_1519_1.jpg
舞い降りるハトさん


DSC_1544.jpg
光り輝く川原


DSC_1573.jpg
沈む太陽…


DSC_1631.jpg
穏やかな川


DSC_1659.jpg
Sunset


DSC_1684_1.jpg
様子を伺うコサギさん


DSC_1730_1.jpg
飛んでいけっ


DSC_1734.jpg
夕闇迫る川原


DSC_1742.jpg
帰り道…



夕焼けを撮りに行ったら、コサギさんが来てくれました(^_^)/
オレンジ色に染まる川
夕闇迫る空を見上げていると不思議な気分になります
世の中にはこんな色もあるのだなぁと

復職して早7ヶ月…
平日は会社という箱の中で大半を過ごす私にとって、こうして自然を感じることが出来る休日は何よりの宝物

さて…
そんな中で考えていたウツな私は追記にします

Twitterでこんな質問を受けた
「早朝散歩の効果ってどのようなものでしょうか?」
「またきっかけは何かありました?」


私が散歩をしたのは、家でじっとしていられなかったから…
ウツになって、薬の処方によって、眠れない夜
早朝覚醒が続き…
でも、寝られない自分が嫌で…

眠剤でふらふらになりながらも、何故か外を歩いていた
昼間、誰とも顔をあわせたくないから、夜の散歩をしていたせいもあったかもしれない
あの頃、よく車に轢かれなかったなぁと今更ながら思う


なんせ、歩いていることさえ、覚えていないのですから…
正確に言うと眠りながら歩いていた

でも、その頃はまだ朝日は嫌いだった
眩しいものは嫌い
明るいのも嫌い
だから、昼間はずっと寝ていた

そんな生活を2ヶ月くらい過ごしていたなぁ…
今では正確には思い出せないのだけれど…

私の友人が初めて、外に連れ出してくれた時、言われた
「世界には色んなカラーが溢れているんだよ?」
その時はまったく意味がわからなかった

でも、灰色だった私の世界はそこから変わり始めたような気がする
まだその頃はカメラも興味なかった

続けていたバレーボールには何とか行っていたけれど、身体はボロボロだった
体育館で頓服を飲みながらしたこともある
辛かったら来週は行かないと決めてバレーボールには行っていた


主治医にはキツク止められていたけどね
どうしても私からバレーボールを取り去ることは出来ない
さすがに25年も続けていたらね(微笑)

私が初めて、外の散歩をし始めたのはカミサンからの一言が本当のきっかけだったような気がする
「ラスカルっが平日の日中に家に居ることを子供が気にしているから、家に居ないで

その時は心臓が締め付けられるくらいの衝撃を受けた
だから、日中、外に居ることにし始めた
その頃には外に出るくらいの体力は回復しつつあったからね

何をしようか…
図書館?
いや…本はまだ読んでいられない

それよりも本を見ることさえ、嫌だ
だから、川原でぼぉっとしていた
幸い、夏だったしね

その頃からだった
自然というものは身近にあるのだと気づいたのは…
私が単に目を向けなかっただけで、そこには変わらない自然がある
視点を変える大切さを実感した瞬間だった


「ただ単にぼぉっとしていなさいね。それからお日様に身体を晒すのよ!」
初めてのカウンセリングでセラピストから言われた言葉

誰もそれを強制しているわけではない
したくないなら、しなければいい
でも、私は変わりたかった

薬で朦朧とする生活
薬で自分が自分でなくなる事を知ってしまったから…


何とかそこから抜け出すには何とかしたかった
その中で初めて「消えたい」という感情が芽生えた
もちろん、それは「死」と直結する
健常者からしたら、死ぬことと同意


消えたいという感情は消えなかった
でも、私は結果的に消えようとする行為はしなかった

それは別に意思が強いとか弱いとか関係は無い
逃げようと思えば、逃げれた
(つまりやろうと思えばやっていた)

でも、私はそれと対峙することを結果的に選択した
理由は未だにわからないけれどね

でも、一つだけはっきりしていることがある
うつ病になって、何をどうしていいのか、どうすれば、何をしていいのかわからない状態で何かに逃げたい気持ちが強かった時、他人からの「こんな事がいいらしいよ!」というアドバイスを受け入れようとする自分が居たこと

うつ病に関する本を読み漁り始めたのは、川原でぼぉっとすることをし始めて、それでも時間を持て余しはじめてから。
図書館に置いてある本は意外と古いものが多い

だから、今の私のうつ病と同じようで違うものが多いことにも気がついた
いくら本を読んでもわからない

だったら、自分でそれを知る意外には無い
その頃からかな…
自分を見つめ始めたのは…

人に対して、臆病になっていた
私の通院する病院は会社のすぐ側にある(ホント30秒で到着するくらい(笑))
それに日中、家の側でも誰かと会わないか、いつもビクビクしていた

だから、いつも外に出る時は帽子にサングラス…
怪しい…(大笑)

その頃も早朝覚醒は当たり前だったような気がする
暗いうちから外を出て、家に戻る頃はみんな、会社に行く時間…
だから自然と見つからないように朝、暗いうちに家を出て、子供が幼稚園に行った後に家に戻るような生活になっていった。


その頃からかな…
朝日を浴び始めたのは…
止めようと思えば止めれた
誰も強制はしない
でも、何故か続けた

初めはキツかった
でも、家に居るところを子供に見られたくない
カミサンからまた何か傷つけられることを言われるのが嫌だったからかもしれない

でも、続けた
続けるうちに「あぁ、こんな生活も意外とアリなのかもしれない」と思い始めた
それから、私の生活は変わり始めた

朝日は眩しい
「元気にする」と言うよりは「急かされている」気がする

でも、いつからだろう、そんな朝日さえ、見ること止めてしまったのは…
それもうつ病になる要因の一つ

太陽を浴びるとセロトニンが出る(と言われている)
正確にはわかっていない(頭の中を開けるわけにはいきませんからね)
でも、身体に何か力がみなぎってくるのを感じる

生きるという行為にはエネルギーが必要
考えるという行為でさえ、エネルギーが必要
もちろん、身体を動かすという行為にもエネルギーが必要


朝日を浴びながら思う
陽の光には人にエネルギーを与える力もあるんだろうなー
そんな気がする


うつ病は確かに「死」に直結する病…
でも、病は病…
自分が無理をしていたためになってしまった病

もちろん、要因は色々ある
まだ対峙できない要因もある

けれど、何かを変えなければ、何も変わらない
「人生は長いのよ?でも、死んだらみんなカラカラと鳴る骨だけよ?」
当時、セラピストから散々、言われたこと

長いと思えば、気が滅入る…
親族の死もこれまで見てきた
だから、骨だけになることがどんな状態かはわかる

でも考えた
私は今の私を知っているのだろうか?
自分のことも知らないで死のうとしていたのだろうか?


だから、自分を見つめることを始めた
他人からのアドバイスを試そうと思い始めた
セラピストの言うことに耳を傾け、ネットで探した情報、本で得た情報を元に試し始めた
自分が「いいな~」と思った景色を何とか留めておきたいと思い始めたのもその頃

薬と健忘の症状のせいで忘れやすい自分のために…
そして、ブログを始めたのもその頃…
それから、私の生活も変わり始めた

色んなことがあったなー
っとオレンジ色に染まる川原を見つめながら思った
コサギが飛び立つ瞬間を撮りたくて、ファインダーを覗きながら考えていた

集中している
その一瞬にかける


それはどこかバレーボールと似ている
バレーボールはボールを落としたら負け

だから、ボールが床に着く瞬間まで諦めない
それは中学生の頃に叩き込まれた

どことなく似ているけれど、時間がゆったりと流れるところは違うかな
それでも、私は少なくとも生きていることを実感出来る
だから、バレーボールも写真も続けているんだろうなぁと思う
もちろん、これからも続けるけどね


さて…
明日からまた会社が始まる
どんな一週間になるだろう…
いや、正確にはどんな一週間にするかは自分次第かな
まずはフルタイム勤務の一日一日を乗り切ること
そこからまた何かが変わり始める

そんな気がする…

また来週の週末に朝日を写真に撮れることを祈りつつ…
関連記事
スポンサーサイト



theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

素敵な写真のうらには、ラスカルさんの
長いうつな自分との対峙があったのですね。

私も、時間に余裕があるときは朝散歩を
しています。今はまだ、寒いですねー。
でも、この記事を読んで、寒いからって
行かない自分をちょっとふがいないと思いました。
明日から、朝の凛とした空気の中に自分を
置いてみようと再び思いました。

思い出させてくれて、ありがとうございました♪

ほんねさんへ

こめ、さんくす♪

にゃはは(^^;
まぁ、そんなに大したものでもないですよー
「したいからする」
これが私の基本ですよー
でも、綺麗(だけど寒い)ですから、たまーには朝散歩もいいですよん♪

Google検索結果

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

ラスカルっ

Author:ラスカルっ
Sex :♂
Blood:O
Hobby:読書、映画鑑賞、
    バレーボール
    写真、ブログ
職業:某IT系企業に勤務。
   けど、鬱病により一年
   間休職…
   その後、復職…
   復職して9年。
   ここで生きてる

   I suffer from
   depression.
   Photograph is
   spelt in my blog.

念のためですが…

本ブログの記事内で掲載している写真などの著作権は本ブログの管理人であるラスカルっにありますので、無断使用を禁じます。

何か連絡を取りたい方はコメントでどうぞ...

バナー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
IPv4/IPv6 meter
geotargeting

ジオターゲティング
FC2カウンター
Google検索
私のブログ内を検索できます
カスタム検索
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(年括り)
リンク
RSSリンクの表示
ランキング等々
当ブログはランキング目的ではありませんが、もし宜しければクリック頂けると嬉しいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

FC2Blog Ranking

あわせて
あわせて読みたいブログパーツ
備考
サイト運営の広告です。興味があればクリックしてみてください